【うどん平】移転後もやはり大人気!

博多にはうどんの名店がいくつもあります。皆さんはどちらのお店がお気に入りでしょうか。正直外せないお店ばかりで、ココが1番!というのは難しいですが、僕の中のお気に入りTPO10に入るのがコチラ「うどん平(たいら)」さんです。以前はキャナルシティ博多の近くにお店を構えてらっしゃいましたが、移転され2019年8月から現在の住吉にて営業をされています。

目次

相変わらずの人気店!

出典:ひろやん

この日は10時30分から博多南で打合せがありました。打合せが終了したのは11時15分。会社(天神)まで帰る途中、どこで昼食を食べるか考えました。博多南といえば、「十一」で豚ステーキか、「大地のうどん」が頭に浮かびましたが、少し歩いて美野島に行ってみることに。美野島といえば、芭蜀(はしょく)が有名ですが、『麺の気分』だったことと、移転してまだ行っていなかったこともありコチラに決定しました。

出典:ひろやん

僕は「うどん平」さんで注文する時、海老(芝海老)が入荷しているか尋ねます。毎回入荷しているわけではないので、いつしか「幻の海老天」とも言われるようになっているみたいです。この海老天とゴボ天のミックスの「海老ゴボウ」があればラッキーです。しかし今日は海老が入っていなかったので、「肉ごぼう天うどん(650円)」を注文。出来上がりを待っている間、店員さんの声が店内に響きます。「ニクゴボウ、8番カウンターさん、2まーい。」「ニクゴボウ、1番テーブルさん3まーい」。【お客さん】「海老入っとう?ああ、ないとね。じゃあ、肉ごぼう」という、やり取りが聞こえます。やはり皆さん海老が気になるみたいですね。

ニクゴボウ、1枚入りまーす

出典:ひろやん
出典:ひろやん

海老の事ばかり言いいましたが、ニクゴボウはめちゃくちゃウマいんです!まず麺は自家製で、お店の大将が目の前で切り分けてゆで上げます。個人的に讃岐よりのモチモチ感があってハマります。出汁は、いりこと飛魚でしょうか。キリっとした香りとコクが麺に調和します。甘めと塩気が僕好みです。ごぼう天の食感と、甘く煮込んだ肉がマッチして箸が止まらない!減量中なので、かしわご飯を我慢しましたがコチラもおいしいですよ。移転前はおにぎりでしたが、今は茶碗スタイルとなっています。

出典:ひろやん
出典:ひろやん
出典:ひろやん
出典:ひろやん

王座に君臨する「なべ焼きうどん」

あまりにもおいしくて無心で食べてしまいました。僕は平さんで海老ゴボウか、ニクゴボウを頼むパターンが多いのですが、あるメニューがふと目に着きました。それは「鍋やきうどん」です!メニューを見ると、『肉やゴボウ・卵などいろんな具材が入って700円』と書かれています。「鍋焼き=寒い時に食べるもの」と、勝手に思い込んでいましたが、そんな決まりはありません。価格、おそらく内容も豪華で、店内のメニューの中の王座に君臨するメニューを絶対に食べると決心しました!アツアツの「鍋やきうどん」に、キリっと冷えたエビス中瓶ビール(500円)を合わせると最高でしょうね!皆さんは何がお好みですか?運が良ければ海老ゴボウを食べてくださいね。

施設名:うどん平
住所:福岡県福岡市博多区住吉5-10-7 第3住吉ハイツ 1F

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる