「ららぽーと福岡」4/25オープン! ファンファン編集部が行ってみた

 「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」(福岡市博多区/以下、ららぽーと福岡)が4月25日(日)、福岡市青果市場跡地にグランドオープンします! 九州初進出となる同施設には、九州初出店57店を含む、全222店舗が出店。多彩なパーク(広場)をはじめ、食やスポーツの魅力を発信し、さらに教育にも力を注ぎます。今回は、オープン前の「ららぽーと福岡」を一足早くお届け! 屋外パークを中心に、施設内一部を写真とともに紹介します。

ガンダム立像があるフォレストパーク
目次

「ららぽーと福岡」中の様子はこんな感じ!

大型LEDビジョンが目を引くメディアパーク

 「ららぽーと福岡」の施設コンセプトは、『出会い×体験の広場 〜“ふれあい”と“つながり”のまちへ〜』。施設内には計9つのパーク(広場)があり、屋外を中心に展開。屋上にはフットサル場や陸上トラック、テニスコートなどが設けられ、スポーツはもちろん、くつろぎの場も提供されます。

フットボールパーク「MIFA Football Park 福岡」(九州初進出)
 広々としたスポーツパーク

 広大なスポーツパークには、200m陸上トラックやテニスコート、3×3バスケットボールコートが。人工芝が敷かれ、運動するのはもちろん、寝転んだりしてもOK! 家族や友達、恋人同士で思い思いの時間が過ごせます。
 開放感抜群のエリアなので、オープン後には是非行ってみてくださいね。

縦7m×横12mの大型LEDビジョン

 また、エリア内には大型LEDビジョンを設置。スポーツや映画、コンサートなどのパブリックビューイングも開催できます。

思わず走り出したくなる陸上トラック
テニスコート、3×3バスケットボールコート

 その他、屋外パークとして展開されるのは、四季折々の花が咲くフラワーパークや、公園のようなポケットパークなど。

オーバルパーク

 オーバルパークは2フロアからなる広場。遊具やジョギングコースがある2階から1階広場を見下ろすことができます。パーク周辺には「福岡おもちゃ美術館」や「キッザニア福岡」などの店舗が軒を連ねます。

バスターミナルを新設

 また、アクセス面も充実。施設内には、路線バスが発着するバスターミナルが新設されています。バスは西鉄大橋駅やJR博多駅のほか、福岡空港など4路線が新設される予定です。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡

オープン日:4月25日(月)
住所:福岡市博多区那珂6-23-1他
営業時間:物販・サービス 10:00〜21:00
     フードコート・レストラン 11:00〜22:00
※最終営業時間は店舗により異なる
※一部、営業時間の異なる店舗あり
※営業時間変更の場合あり。最新情報は公式サイトから確認ください
店舗数:222店舗
駐車台数:約3,100台

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる