地球温暖化フランスでも影響。親子で語る10トレ

 地球温暖化の影響でフランス北東部シャンパーニュ地方のシャンパン用ブドウが早期収穫を余儀なくされました。こういったことは日本でも起こるのでしょうか? 親子で考えてみてください。

目次

1.まずは記事を読んでみよう!

原料のブドウ、異例の早期収穫

 フランス北東部シャンパーニュ地方のシャンパン用ブドウ栽培業者組合(SGV、本部・エペルネー)のマキシム・トゥバール会長が27日までに共同通信のインタビューに応じ、今年のブドウの収穫は一部地区で「過去に例のない」早期の8月中旬に始めたと指摘し「地球温暖化の影響を実感している」と語った。

出典:10トレ

 シャンパーニュ地方は同国内の主要ワイン産地のうち最も北にある地域の一つ。今年の収穫開始は最も早い所で8月17日だった。多くは8月下旬で、過去10年に比べて約3週間早い。現在45歳のトゥバール氏は「10代前半の時、ブドウ収穫は10月だった」と述べ、変化の激しさを強調した。

2.設問に答えてみよう! 口頭でもOKです

問1 次から記事の内容に合わないものを一つ選んでください。 1.今年の収穫期は、だいたい8月下旬だった。 2.天候に恵まれ、ブドウの収穫量は良かった。 3.シャンパンの売り上げで、新型コロナウイルスの影響はなさそうだ。 問2 トゥバール会長は、自分が10代前半の時、ブドウの収穫時期は現在よりどれぐらい早かったと話していますか。 問3 今年のブドウの出来で、どんな問題が生じましたか。

出典:10トレ

3.感想などを親子で話し合ってみよう!

 地球温暖化の影響で、日本の農業では、どんな問題が生じているのか、親子で学んでみませんか。  環境省がまとめたパンフレット「おしえて!地球温暖化」によると、地球温暖化の影響で、農業や漁業で次のような状況が起きているようです。 1.コメやリンゴ、ブドウなどの果実で品質が低下 2.日本海でブリ、サワラの漁獲量が増える一方、スルメイカが減少  将来、コメの収穫量が地域によって増減したり、魚の捕れる場所が変わったりするなどの影響が予想されています。

4.解答例です。答えは一つとは限りません

問1 3 問2 2ケ月ぐらい 問3 これまでになかったブドウの病気や虫の出現

出典:10トレ

 今回の10トレ、いかがでしたか? ファンファン福岡では随時、更新していきます。 ☆「もっと10トレのことを知りたい!」という人は「子どもの読解力を育てる家庭でできる10分トレーニング(10トレ)」をご覧ください。登録すると、毎週月・水・金曜に問題と解答例がメールで届きます。無料です。

家庭でできる10分トレーニング

おしえて!地球温暖化

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる