<内覧レポ>福岡三越「ディズニー キャッツ&ドッグス展」が開催!

 福岡三越(福岡市中央区)9階「三越ギャラリー」で3月27日(日)まで、「ディズニー キャッツ&ドッグス展」が開催されます。同展では、プルートをはじめ、『おしゃれキャット』や『101 匹わんちゃん』など、ディズニー作品の中でも印象深い“犬”と“猫”たちがお目見え♪ デジタル化された貴重なアート作品300点が展示されます。今回は、内覧会に参加したので会場の様子を一部お届けします。

目次

歴代のディズニー作品から犬猫キャラクターが大集合!

©Disney


 「ディズニー キャッツ&ドッグス展」では、人々にとって最も身近な動物といえる“犬”や“猫”をテーマに、ディズニーの愛らしい動物作品の魅力をお届け。
 ディズニーのアニメーション作品に関連するあらゆる資料を所蔵するウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー全面協力のもと、原画を複製したアート作品約300点が展示されます。

 日本オリジナル展覧会のため、他国で見ることはできないとか。会場では、ディズニー作品に登場する動物たちはもちろん、ウォルト・ディズニー自身のことやアニメーション製作過程の写真なども展示。ウォルト・ディズニー自身が話す動画も公開されています。

内覧会に参加♪ 会場内の様子をお届け!

ファンファン福岡(©Disney)

画像:犬や猫といった動物を用いたアニメーション製作の資料がズラリ

 大の犬好きで知られるウォルト・ディズニー。彼がディズニーの動物作品にかけた思いや研究について公開され、本物(リアル)さを追求した仕草や動作について細かく解説されています。
 ディズニー作品の奥深さに、つい立ち止まって読み込んでしまう人も多いのでは。

ファンファン福岡(©Disney)

画像:『わんわん物語』ブース

 今回集合するのは、ミッキーの相棒「プルート」や『わんわん物語』の「レディ」と「トランプ」、『101匹わんちゃん』たち、『おしゃれキャット』の子猫「マリー」。

 会場内にそれぞれのブースが設けられ、作品のスケッチや原画(一部)などが展示されています。

ファンファン福岡(©Disney)

画像:会場内には、あのシーンを思い出すジオラマスタチューも!(撮影OK)

 ちなみに、『わんわん物語』はディズニーがオリジナルストーリーとして最初に作った作品とか。それまでは、グリム童話をもとに製作されていたそうです。
 こんな情報を知れるのも同展覧会の見どころの一つ! ディズニー作品の新しい発見に出会えます。

ファンファン福岡(©Disney)

画像:『おしゃれキャット』ブース 中央には子猫「マリー」のジオラマスタチューを展示

ファンファン福岡(©Disney)

 その他『ふしぎの国のアリス』の「チェシャ猫」、『ベイマックス 』の「モチ」なども登場します。ここでしか見られない貴重なアート作品も展示されているので、ディズニーファンにはたまらない内容となっています。

オリジナルグッズも販売中!(価格は全て税込み)

ファンファン福岡(©Disney)

画像:グッズ販売会場の様子

 さらに会場ではグッズも販売。同展でしか購入できないアイテムもそろいます。

ファンファン福岡(©Disney)

画像:BOX入りぬいぐるみ 各8,800円

ファンファン福岡(©Disney)

画像:キーホルダー 各1,320円

提供:岩田屋三越(©Disney)

画像:ポストカード各種 220円

 大人から子どもまで幅広く楽しめる「ディズニー キャッツ&ドッグス展」。春休みのお出かけに、家族や友達、恋人とぜひ足を運んでみては♪

ディズニー キャッツ&ドッグス展

期間:~3月27日(日)まで
場所:福岡三越 9階「三越ギャラリー」(福岡市中央区)
時間:10:00〜20:00(最終日18:00終了、入館は終了1時間前まで)
入館料:【一般・大学生】前売り券 700円、当日入館 1,000円(800円)
    【高校生・中学生】前売り券 500円、当日入館 800円(600円)
    【グッズ付チケット】前売り券 2,300円
※価格は税込み / 小学生以下無料
※前売券はローソンチケット(Lコード:83118)にて各興行日の前日23:59まで販売
主催:ディズニー キャッツ&ドッグス展実行委員会
福岡展特別協賛:にしてつグループ
特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
協賛:ディズニー★JCBカード

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる