「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった【福岡アジア美術館】

 雑誌「アニメージュ」の1978年創刊当時から80年代に焦点を当てた展覧会。まだアニメという言葉すら世の中に広がっていない時代から、1979年登場の「機動戦士ガンダム」の大ヒットによりアニメが大きく飛躍するブーム期まで、そして鈴木敏夫氏が後のジブリにつながる高畑勲・宮崎駿両監督を見いだし、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」の映画製作に傾倒するまでの道のりが紹介されています。

©1984 Studio Ghibli・H
目次

【第1章】アニメージュ誕生!

※写真は東京会場

 1970年代後半のアニメ映画ポスターやグッズ、セル画コレクションなどが展示されます。

【第2章】アニメージュは私たちにすべてを教えてくれた!

 テレビアニメ「機動戦士ガンダム」に注目していたアニメージュ。当時の制作資料や名シーンジオラマなどが展示されます。

©創通・サンライズ

【第3章】加速するアニメブーム

©NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

 「表紙」と「付録」のギャラリー。当時の情報誌としては珍しい、市販品よりも凝った作りのグッズや冊子などの付録が展示されます。

※写真は東京会場

【第4章】ナウシカへの道

※写真は東京会場

 1982年2月号の原作漫画連載開始を経て、84年に映画「風の谷のナウシカ」が誕生するまでの道のりを紹介します。

※写真は東京会場

アニメージュとジブリ展 一冊の雑誌からジブリは始まった

日時 4月8日(金)~7月10日(日)
※水曜休館(ただし5月4日は開館、5月6日(金)は休館)
場所 福岡アジア美術館 7階企画ギャラリーA・B・C(福岡市博多区下川端3‐1 リバレインセンタービル7階)
料金 一般1,500(1,300)円、中高生1,000(800)円、小学生800(600)円 ※( )は平日料金。未就学児は無料
問い合わせ アニメージュとジブリ展 福岡展実行委員会(西日本新聞イベントサービス内)
電話 092-711-5491(平日9:00〜17:30)

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

「ファンファン福岡/サブクリップ」(福岡都市圏内配布、福岡市地下鉄駅駅設置)紙面に掲載した話題、編集部員が突撃取材した話題などを紹介します!

目次
閉じる