映画「とんび」 4月8日(金)全国公開

 映画「とんび」が4月8日(金)全国で公開されます。直樹賞作家・重松 清の永遠のベストセラー小説「とんび」が初の映画化。阿部寛さんと北村匠海さんの新たな“とんびと鷹”で贈る、いつの世も変わることのない親子の絆を描く家族の物語です。

目次

親子の絆を描く感涙の名作、待望の初映画化

©2022『とんび』製作委員会

 幾度途切れても必ず繋がってゆく親子の絆を描く、重松 清の大ベストセラー小説「とんび」。今この時代にこそ届けたいと、初の映画化が実現しました。

 主人公の、破天荒ながら愛すべき父・ヤス役を演じるのは、「テルマエ・ロマエ」「下町ロケット」などのヒット作で、圧巻の表現力と存在感を放つ阿部寛さん。ヤスの息子・アキラ役には、若手実力派の中でも突出した才能を発揮する「君の膵臓をたべたい」「東京リベンジャーズ」の北村匠海さん。多くの深遠な物語をエンターテイメントとして昇華させてきた瀬々敬久監督の元に、薬師丸ひろ子さん、杏さん、安田 顕さん、大島優子さん、麻生久美子さん、他豪華キャストが集結。

 そして、主題歌は、幅広い年代に愛されるアーティスト、ゆずが書き下ろした「風信子(ヒアシンス)」。青いヒヤシンスの花言葉は“変わらぬ愛”、まさに本作のテーマとも通じ合っています。

 映画オリジナルとなる令和のエピソードを加え、昭和の時代に確かにあった“人と人とが相手を思いやる温かな絆”は、形が変わることはあっても、必ず未来に繋がっていくことを描きます。
 さらに、家族とは血縁だけではなく、同じ記憶や体験を共有する者たちのことでもあると、観る者の心へ届けてくれます。古き良き時代の物語にとどまらない、令和の今こそみてほしい《今、そして未来へ繋がる家族の絆の物語》です。

ストーリー

©2022『とんび』製作委員会

 昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。運送会社に勤めるヤスは、愛する妻・美佐子の妊娠にも上手く喜びを表せない。幼い頃に両親と離別したヤスにとって、“家族”は何よりの憧れだった。

 やがて息子のアキラが誕生し、周囲は「とんびが鷹を生んだ」と騒ぎ立てる。ところがそんな矢先、妻が事故死してしまう。親の愛を知らぬまま父になったヤスは仲間たちに助けられながら、我が子の幸せだけを願い、不器用にも愛し育て続けた。

 そんなある日、誰も語ろうとしない母の死の真相を知りたがるアキラに、ヤスは大きな嘘をついたー。

映画「とんび」

公開日:4月8日(金)
キャスト:阿部寛、北村匠海、杏、安田 顕、大島優子 ほか
原作:重松 清「とんび」(角川文庫刊)
監督:瀬々敬久
脚本:港 岳彦
音楽:村松崇継
主題歌:ゆず「風信子」
配給:KADOKAWA、イオンエンターテイメント
©2022『とんび』製作委員会

<上映劇場(福岡県)>
T・ジョイ博多 / ユナイテッド・シネマキャナルシティ13 / ユナイテッド・シネマ福岡ももち / 福岡中洲大洋 ほか

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる