福岡県でイチゴ狩りに行ってみた♪【いるべのいちご園】 

 福岡県は、イチゴの生産量が全国第2位!(※) 福岡県内のいたる場所に、イチゴ狩りを楽しむことができる観光農園があります。その中で、今回は「いるべのいちご園」(福岡市早良区)におじゃましました。3~4月に最盛期を迎える「あまおう」を味わうなら、今の時期のイチゴ狩りがおすすめです♪  ※農林水産省「令和2年産・作物調査(野菜)」より

目次

イチゴ狩りの時期は12月~5月大型連休明けまで

Mochico2408

 いるべのいちご園の場所は、早良消防署入部出張所のすぐ近く。ビニールハウスが並んでいるのが目印です! 車は7台ほど停めることが可能でした。
 もし西鉄バスで行く場合は、「東入部第二」バス停から徒歩5分ほどだそうですよ!

 開園期間は、12月中旬~5月の大型連休まで。私が行った3月上旬は、イチゴの実がたくさんなっていて、イチゴ狩りにぴったりだと感じました。

 気になるイチゴ狩りの料金は時期によって違いますが、大人1名 2,200円~(食べ放題40分)! ※詳しくは記事の後半に書いています。完全予約制なので、人混みは苦手… という人も安心です。

イチゴの香りに包まれて♪ イチゴ狩りスタート

Mochico2408

 ビニールハウスの中は、イチゴがずらりと並んでいます。 とりやすい高さにイチゴがなっているので、ストレスなくイチゴ狩りを楽しむことができます。ハウスの中は暖かいので、薄着でOKです。こんなにたくさんのイチゴを目にする機会はないので、テンションが上がります…!

Mochico2408

 受付を済ませたら、いよいよイチゴ狩り開始です。なるほど、大きいかばんやリュックは実を傷つけてしまう可能性があるので、避けた方がよさそうです。

 手指消毒、手袋着用、ハサミの用意をしたら、準備万端です!

Mochico2408

 どれを食べようか迷ってしまうほど、真っ赤で美味しそうなイチゴがたくさん並んでいます! 1粒1粒が大きいです。手のひらに乗せるとずっしりと重さを感じます。 

Mochico2408

 みてください! ツヤツヤのイチゴ!! つみたては実にハリがあって、味も濃厚だと感じました。イチゴの香りと甘さが、口にふわっと広がり幸せな気持ちになります。

Mochico2408

 時期によっては、あまおうが食べ放題のことも! お店で買うとなかなかのお値段がしますよね。それが食べ放題だなんて幸せ過ぎます…! 思わず無言で、あまおうをたくさん頬張る私。 

Mochico2408

 「あまおう」の他にも、「かおりの」、「恋みのり」など色々な品種を食べ比べることができます。品種によって実の形も違いますし、食べてみると、味の違いがよく分かります。個人的には、「かおりの」はスッキリした甘さでおすすめでした。

イチゴ狩りは家族で楽しむのにぴったり

Mochico2408 

 テーブルとイスもあるので、疲れたら休憩することも可能です。座ってゆっくり食べるイチゴも美味です。

 もしかしたら、「食べ放題40分は短いのでは」と感じる人もいるかもしれません。 しかし! イチゴの1粒が大きいので、結構お腹がいっぱいになります。食べ始めて15分くらいで、「もう食べられない…!」という幸せな満腹感に包まれました。

 Mochico2408

 子どもも大満足のイチゴ狩り! 友だち同士やデートで行くのも楽しそうですね♪

 気になる、食べ放題の料金はこちらです(画像は、いるべのいちご園の公式サイトからです)。スタッフも笑顔で優しく、とても素敵なイチゴ園でした。

出典:https://ichigo1583.com/

 ぜひお気に入りのイチゴ園を見つけて、イチゴ狩りに出かけてみてくださいね!

いるべのいちご園

住所:福岡市早良区東入部7ー1155
電話:090-7471-9263 (9:00~17:00)
営業時間:平日 10:00~14:00(入園は13:00まで) / 土・日・祝日 10:00~15:00(入園は14:00まで)
定休日:月曜日、金曜日
※イチゴ狩りは完全予約制

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

福岡の美味しいものを食べてすくすく大きくなりました!
グルメと外遊びが好きなアラサーOL。

目次
閉じる