【むっちゃん万十】福岡県民のソウルフードを西新で楽しむ

 福岡のソウルフードむっちゃん万十♪ 福岡県民なら食べたことがある人も多いはずです。私も高校生の時に友達とよく食べていました。久しぶりにあの味が食べたくなり、むっちゃん万十 西新店にお邪魔しました。

目次

むっちゃん万十 西新店は西新駅からすぐ!

Mochoco2408

 むっちゃん万十の「むっちゃん」は「ムツゴロウ」です。ムツゴロウの形は可愛らしく、食べやすい形です。創業者の“有明海のムツゴロウを少しでも愛して欲しい”という思いが込められているとか! 1980年代に誕生して、30年以上福岡県民に愛されている味です。「福岡に帰省したら、むっちゃん万十を食べたくなる!」という友人の声もよく聞きます。

 今回訪れたのは、むっちゃん万十 西新店。福岡市地下鉄西新駅の2番出口を出てすぐの場所にあります。赤いちょうちんが目印です。公式サイトによると、店舗は福岡市内に8店舗、その他の町にも9店舗あるようです。

Mochoco2408

 メニューはこちら! 人気No.1はハムエッグ(200円)! そうです、ハムエッグはぜひぜひ食べていただきたい! 私も行ったらぜったいハムエッグを食べます。他にも
 ウィンナー(200円)
 バーガー(200円)
 とんとん(290円)
 ごろごろ(270円)
 ツナサラダ(200円)
 カスタード(170円)
 黒あん(170円)
 白あん(170円)
 ショコラ(200円)※期間限定 
と甘いものからご飯系までたくさんの種類があります♪

Mochoco2408

 ちなみに、「とんとん」は、豚の角煮、キャベツ、マヨネーズが入っているそうで、「ごろごろちゃん」はタコ、キャベツ、マヨネーズ、ソースが入ったたこ焼きをより食べやすくしたものだそうです。どちらも気になります…!

Mochoco2408

 注文すると目の前の鉄板で焼いた、できたてアツアツのむっちゃん万十を手渡してくれます。紙袋のしっとり感からも、アツアツ具合が伝わりますでしょうか?!
 天気が良かったので、近くのベンチでいただくことにしました。

Mochoco2408

 これです! ムツゴロウの形! これぞむっちゃん万十です。頭から食べるか、尻尾から食べるか悩みますね。

Mochoco2408

 気になるハムエッグの中身は、ハーブ卵1個、キャベツ、マヨネーズ、ハム。卵が丸々1個入っているので、食べ応えたっぷり! そしてまろやかなマヨネーズが全ての具材の調和を取ってくれるので、飽きることなくペロリと食べてしまいます。

 とてもシンプルな具材ですが、卵は国産のブランド卵を使うなど1つ1つにこだわりがあるそうです。下準備から焼き上げまで手作業で丁寧に作られているので、なんだか昔なつかしいほっこりする美味しさです。

 ちなみに、卵から食べたい人は頭の方からガブリと、マヨネーズから楽しみたい人は尻尾の方からガブリと食べるのがおすすめです。

Mochoco2408

 こちらはカスタード。たっぷりの滑らかカスタードが入っています! 焼きたてなので、中のカスタードもほんのり温かくて甘さがひきたちます。
 ふわふわの生地と一緒に食べると、ほっとする美味しさです。

 お昼ごはんとして食べるのもおすすめですし、小腹がすいた時やおやつに食べるのもおすすめ。ぜひ西新に立ち寄った時は、むっちゃん万十で心とお腹を満たしてくださいね~!

むっちゃん万十 西新店

住所:福岡市早良区西新4-9-3 1F
電話番号:092-845-6986


※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

福岡の美味しいものを食べてすくすく大きくなりました!
グルメと外遊びが好きなアラサーOL。

目次
閉じる