胃腸炎で一家全滅! 悪夢のような一夜を過ごすことになった原因は?

 わが家には4歳の娘と2歳の息子がいます。息子が1歳の時、保育園から胃腸炎をもらってきました。しかし胃腸炎の恐ろしさを知らなかった認識の甘さから、たった一夜にして一家が全滅することになってしまったのです…。なぜ、短時間のうちに一家4人全員が感染してしまったのでしょうか? そしてその原因は?

目次

始まりは息子の嘔吐

写真AC

 保育園から胃腸炎の流行が始まったという注意喚起があったのは5月初旬のことでした。ほどなくして息子が自宅で少量の嘔吐をしましたが、1回で治まったのですっかり安心し、この時は胃腸炎だとは思いませんでした。

 それから数日後、夕方から息子が水下痢をし始めました。私は胃腸炎を疑いましたが、その時はまだ胃腸炎の恐ろしさを知らず、大した知識もないまま、いつも通り素手でオムツを交換していました。

 その後お風呂に入るタイミングでまた水下痢が。ワンオペだったので、3歳の娘も一緒にお風呂場へ行き、汚れた息子のお尻を洗い流し、そのまま3人で一緒にお風呂に入りました。

そして悪夢の一夜が始まった

 その夜、子どもたちを寝かし付けてしばらくすると、寝室から咳込むような、こもった音が聞こえてきました。すぐおさまったので、いつもならスルーするのですが、その日はなぜかとても気になり寝室を覗いてみたところ、娘が大量に嘔吐しているのを見つけました。

 娘自身も驚いたのか、声も立てずに寝転がったままこちらを見ています。私はとにかく驚き、すぐに娘を抱き起し風呂場へ連れて行きました。窒息しなくて本当に良かったと思います。風呂場で娘を洗っていると、2度目の嘔吐が…。それからは30分おきに嘔吐し続け、止まる気配がありません。
 急遽近くに住む義母に、寝ている息子を任せ、夫と共に夜間救急へと車を走らせました。

 夜間救急は混雑していて、かなりの待ち時間がありました。その間も娘の嘔吐は止まらず、ついに待合室で私は全身に娘の吐しゃ物を浴びてしまったのです。すぐに夫が着替えを取りに戻ってくれましたが、私は1時間近くそのままの状態で娘を抱っこし続けていました。

 ようやく診察が終わって帰宅できたのが午前3時過ぎ。その頃には娘の嘔吐もだいぶ落ち着き、すやすやと眠っていました。後片付けも終わりようやく布団に入った頃、なんと夫が発症。続いて私も発症し、絶え間なく襲ってくる吐き気で眠れないまま朝を迎える事になりました…。

 息子と夫婦は翌々日にはすっかり元気になりましたが、娘は快復に時間がかかり、1週間近く保育園をお休みする事になってしまいました。

胃腸炎の感染力には最大限の注意を!

写真AC

 今回は私が胃腸炎の恐ろしさを知らなかったことが原因で、一家全滅という悲劇を生んでしまいました。なぜ全員が感染してしまったのかと考えたところ、

・息子の下痢便の処理をしっかりしないまま娘も一緒にお風呂へ入れてしまったことで、息子から娘へ感染した。
・吐瀉物を全身に浴びたまましばらく着替える事ができなかったことが決定打となり、私に感染した。そこで夫にも感染した。
 このふたつが最大の原因ではないかと思っています。

 そしてこのような悲劇を繰り返さないため、快復後すぐに
・次亜塩素酸水
・マスク
・ビニール手袋
・吸水用に紙おむつを入れた嘔吐用のビニール袋
・塩素系漂白剤
・経口補水液(大人用と子ども用)
をセットにして、分かりやすいところに保管しました。

 胃腸炎は本当に感染力が強く、家庭内感染も起こりやすい病気です。そして感染すると本当につらいので、どうかみなさんもお気を付けくださいね。

(ファンファン福岡公式ライター/はる)

あわせて読みたい
「洗い物はママの仕事」と言い切る夫を、改心させた3歳息子の一言 急性胃腸炎で、夕食の片付けができないまま寝込んでしまった私。シンクの汚れた食器を見て「洗わないの?」と3歳の息子が夫に尋ねると、「洗い物はママの仕事だよ」と驚きの答えが!? 時代遅れなダメ夫を改心させたのは、息子の優しすぎる一言でした。
あわせて読みたい
突然の入院 娘のサプライズに涙がほろり  急性扁桃炎で急遽入院することになってしまった私。幼い娘二人を残して入院することに不安がいっぱいでした。しかし、長女のサプライズに思わず…。
あわせて読みたい
子どもが入院…同室になった迷惑親子にドン引き!  子どもが入院する場合、親が24時間付き添うことを求められる病院は多いものです。可愛い子どものためとはいえ、親にとっても大変な付き添い入院。それが、大部屋とも...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる