里帰り中、夫の様子がおかしい 黙って家に帰ると驚愕の事実が発覚!

 現在、3カ月の男の子を育てている新米ママです。妊娠中はつわりが重く、家事や仕事が思うように出来ず落ち込む毎日でしたが、早めに実家へ里帰りしたことで、体調は落ち着いて一安心。しかし、しばらく経ってから夫の様子がおかしいことに気づいた私。様子を見るために夫に内緒で戻ってみると、家の中がトンデモない状態になっていたのです。

目次

予定より早く里帰りすることに

写真AC

 30歳を目前に、待ち望んでいた初めての妊娠。夫やお互いの家族もとても喜んでお祝いしてくれました。ただ、私はつわりが人よりも重く、安定期を過ぎても体調は良くなりませんでした。家事や仕事もままならず、精神的にどんどん落ち込んでしまったのです。

 そんな私の様子を心配して、両親から
 「早めに実家へ帰ってきたらどう?」と提案されました。長い間、夫を1人きりで家に残すことは心残りでしたが
 「俺のことは気にしないで大丈夫だよ」と、言ってもらったことをきっかけに、車で2時間程離れた実家へ予定より早く里帰りすることに。

 実家へ戻ってからは、栄養を考えた母の手作り料理のおかげで少しづつ体調も良くなり、つわりも落ち着いてきました。「やっぱり実家は落ち着くなぁ」と、里帰りを早めて良かったと心から思いました。

夫からのLINEに違和感

 実家へ里帰りしてからも、夫とは毎日LINEで連絡を取り合っていました。内容は「検診で赤ちゃんの体重が平均になってたよ」「赤ちゃん今日すごいお腹蹴ってる!」など、主に私から赤ちゃんの様子を報告するもの。残業の多い夫へ毎日連絡することにためらいもありましたが、赤ちゃんの様子を知りたい、と言ってくれていたこともあり毎日連絡をしました。

 しかし、里帰りして2週間経ったころ、夫からの返信がだんだん減ってきたのです。仕事が忙しいんだろうな、と思いながらも少し寂しい気持ちに。エコー写真を送ったらすぐに返信してくるだろう、と送ってみるも丸2日未読スルー…。
 「何かおかしい…」と感じた私は、臨月でしたが、夫と直接話すためにタクシーを拾って家へ向かうことに。

夫に黙って、家に帰ってみると…

写真AC

 家に到着し、私は愕然としました。なんと家中が、私の知らない筋トレグッズで溢れていたのです!

 赤ちゃんのために準備していたスペースには、ダンベルや腹筋ローラーの他に、「それ、どうやってリビングに入れたん!?」というようなサイズのバーベルまで設置されていました。さらには、廊下の壁までもボルダリング仕様に…。

 そして、赤ちゃんの衣類を収納するケースには男性用の寝巻きや下着が畳まれていたことから、友達が家に入り浸っていることがわかり、私の怒りは爆発。部屋の様子を写真で撮影し、すぐさま夫へ送り付けました。

夫の言い分

 慌てて帰宅した夫に怒りをぶつけた私。小一時間説教を続け、全ての筋トレグッズを撤去させました。何故こんな勝手なことをしたのか問い詰めると
 「カッコいいパパでいたいと思い、体を鍛え始めようとしたら、友達も参加したいと言ったのでお金を折半してグッズを揃えた」のだとか!

 連絡する頻度が減ったのも、帰宅後に友達と筋トレすることが楽しくて、返信が疎かになってしまったようです。
 「産まれてくる子どもが大事なら、優先順位を考えろ!」と一喝し、夫も反省した様子でした。

 そんな夫も、今では子煩悩な優しいパパになりました。撤去させた筋トレグッズの一部は今も使い続けており、「カッコいいパパ」を目指しているようです。

(ファンファン福岡公式ライター / kinkuma)

あわせて読みたい
【残念すぎる旦那】ジム通いとプロテイン課金で、家庭を犠牲にする筋トレパパ  数年前のことです。個人的な話ですが、産後太りに歯止めがきかず、ついにジム通いをスタートしました。 未就学児がいるので、日中は通えません。そこで、週に2回、子どもの寝かしつけを旦那にまかせて、20時〜23時までトレーニングルームで筋トレに励み、プールで泳いでリフレッシュしています。そこである疑問を抱いた私は、友人に話を聞くことにしますが…。
あわせて読みたい
また!? 度重なる義両親のサプライズに辟易  うちの義両親はなんでも突然。遊びに来るのも、子どもへのプレゼントも、事前の相談なしにいきなりしてしまうことが多いです。今でこそ気にしないようになりましたが、義両親のサプライズに最初は気持ちがついていけずに、モヤモヤしていました。
あわせて読みたい
産後あるある? 手伝いに来てくれた実母と険悪ムードに  私には2人の子どもがいますが、どちらも出産の際には里帰りをしませんでした。1人目の産後は実母に自宅まで来てもらい、泊まりで床上げまでの手伝いをお願いしたので...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる