運気を上げる方法を伝授!「必ず結果を創る ビジネス帝王学」

 4月から新しい環境で働いたり、学んだり、チャレンジが始まる人も多いのでは。そんな季節に読んでみてほしい一冊が、「必ず結果を創る ビジネス帝王学」(KADOKAWA、税込み2,750円)。社長になりたい人が読む本? いえいえ、タイトルは経営者のための指南書のようですが、「運気を上げる方法」を教えてくれる本なのです。

目次

著者は“社長の家庭教師”の異名を持つ九星気学のエキスパート

 新しい季節を前に、何かしら目標を定めている人もいるでしょう。「明確な目標はないけど、なんとなく変わりたい」「今の自分のままではいや。もっと成長したい」―。そんな気持ちを秘めている人もいるはずです。

 著者の安慶陽氏は、これまでに2,500人以上の経営者や個人事業主の相談にのってきたコンサルタント。「社長の家庭教師」という異名があるそうです。そして、「九星気学」のエキスパートでもあります。そんな安氏の経験と知識から、運気を上げるとともに、目標を最大限に明確にして成功に導いてくれるというのがこの本です。

九星気学は人生のカーナビ。幸せを引き寄せる行動学

 ところで九星気学を知っていますか。生まれた年月日の九星と干支、五行を組み合わせた占術で、「一白水星」「二黒土星」など九つの本命星で表します。自分の本命星を知り、自分がどんな流れの中で生まれてきて、いまどんな場所にいて、どこに向かうのかを見通すもの。さらに、世の中には気の巡りがあり、暦に従って「運気のバイオリズム」を読み取る方法となるものだと言われます。


 とはいえ、この本は占いの本ではありません。安氏は「結果を創るために必要なもの、それは“行動”です」と言い切ります。「九星気学を使って、私たちが生きる世界の中にある気の巡りと、そこに生きている自分の気の巡りを読み取ることができても、行動しなければ何にもなりません。気学は人生のカーナビ。自分の現在地と目的地を設定して、ナビに従って進んで行くために学びましょう」、そう安氏は伝えています。

まずは自分の本命星を知ること。巻末付録にワークブックも

 では、どのように行動すればよいのか―。まずは自身の本命星を知り、長所・短所を確認します。自分がそれを使えているか、使えていないならそれはなぜか…九星気学は、そんなことを考えるツールです。もちろん、この本の中に、自分の本命星の出し方が書いてあります。その他に「あなたの力になってくれる星を知る!」「九星気学で人の心をつかめる?!」「各九星ごとにOKワード、NGワードがある!」など、実際の生活に活かせそうなコンテンツもあります。

 さらに、巻末に「今後12年間の月ごとの運気のバイオリズムがひと目でわかる一覧表」が付いています。自分の本命星が、今はどのようなバイオリズムの中にいるのかが分かり、どう行動すればよいのかを知ることができます。巻末付録の「必ず結果を創るワークブック」では、自分の長所短所を知るチェックポイントやなりたい自分になるための新習慣管理表などが掲載されていて、記入することができます。書き込むことで諦めることなく、目標に近づく後押しをしてくれそう。

 「開運は行動から」―。この本の最初に書かれた言葉です。春、新しい目標を行動につなげ、なりたい自分になるために、この本を手に取ってみませんか。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる