転校は低学年のうちに!? 「いつ転居するか」母からのアドバイスとは

 現在賃貸住まいのわが家。後々はマンション購入を考えています。ですが、そのときに学区が変わる可能性も。今子どもは幼稚園入園もまだで幼いですが… いつ転園・転校すればいいのか悩みます。

目次

私の転校は三学期

写真AC

 私自身は小学二年生の三学期に引越しと転校をしました。親が別学区にマンションを購入したからです。

 前の学校では、クラスのみんなからお別れ会を開いてもらいました。
 「もう会えないんだ」と思うと悲しくて泣いてしまいましたが、手紙やプレゼントをたくさんもらって、なんだか初めて主役になったような気分でした。

 新しい学校では、緊張でカチコチになりながら、クラスメイトの前に立って挨拶をしました。休憩時間になるとすぐにみんなが周りに集まって来て、興味津々の顔。

 「どこから来たの?」
 「トイレの場所、分かる?」などちやほや状態! ここでも、主役のような扱いで、緊張はすぐほぐれました。

 三年生になるころには友達もたくさん!
 「そういえば去年の春はいなかったんだっけ!?」とびっくりされるほどなじむことができました。

母の優しさ

写真AC

 大人になってから、母に
 「どうしてあの時三学期なんて中途半端な時期に転校したの?」と聞いてみました。よく考えると、マンション入居を数カ月待ち、三年生になってから転校した方がキリのいいような気がしたのです。

 すると母は少し得意げな笑顔で
 「わざと三学期にしたよ」と教えてくれました。
 「クラス替えしたばかりだと、みんな友達作りに必死で転校生を相手にしてくれないかもしれないでしょ? 三学期だったら、なじみやすいんじゃないかと思って」

 「なるほど…!」母の配慮にひざを打ちました。確かに私はどちらかと言えば引っ込み思案な性格。新しいクラスで自分からぐいぐい友達作りができたかと聞かれれば、出来なかったと思います。

 三学期に元あるクラスに引っ越して、転校生としてちやほやされたからこそ、うまく友達が作れたのです。

 母はぽつりと
 「それに、出来たら低学年のときに転校がいいと思って。高学年になると女子は難しいからねぇ」と一言。大人しい私が学校になじめるか、悩みに悩んで転校時期を決めてくれたのだと、母の愛を感じました。

子どもの転園・転校はいつに…

写真AC

 私の子どもは、来年の春、幼稚園入園予定です。入園までにマンション購入、あるいは引越しできればよいのですが、なかなかいいところに巡り合えず…。

 このままでは間に合いそうになく、転園、あるいは小学校入学後に転校することになりそうです。
 夫は転校経験がないため、
 「新しい環境に慣れるのは大変だし、転校はかわいそう…」と心配していました。

 しかし、転校経験のある私は
 「時期を選べば大丈夫!」と母の「学期途中での転校作戦」を持ち出すと、夫も
 「そっか…!」と少し明るい顔に。

 転居の際は、母のように「学期途中」「低学年のうち」に、転園・転校させてなじめるようにしてあげたいという思いがあります。子どもはお友達に
 「遊ぼ~!」と自分から話しかける活発な性格。ですが、知らない場所、知らない人にはかなり緊張してしまいます。本当は活発な自分を、転園・転校で出せなくなってほしくないなぁと思うので、悩みます。

 わが家の場合、時期が調整できる転居なので、子どもにとってできるだけ友達を作りやすく、なじみやすい時期に転園・転校できるよう考えたいと思います。

 一番は、子どものための選択を親が自信を持って行うこと、なじめるよう最大限サポートしてあげることなのかな、と今は思っています。

(ファンファン福岡公式ライター/片岡みや)

あわせて読みたい
うるさいのは誰? 子どもの騒音がうるさいと言われたけれど…  長男が小学校5年生、次男が幼稚園の時に、私達家族は200世帯ほどのマンションに住んでいました。マンションの下の階の人に、「子供の騒音がうるさい」と苦情を言われた時のエピソードです。
あわせて読みたい
えっ、引っ越し荷物が半分ない… トラブル続きでどうなる新生活?! わが家は転勤族。これまでに数回引っ越しを経験していました。同じように事前に見積もりを取り、入金を済ませ、引っ越し当日。トラブルが発生! そして引っ越し先では荷物が半分届かない!? 新生活、どうやってスタートさせたらいいの?!
あわせて読みたい
雪国へ転勤 社宅にあれがない! 忘れられない引っ越しの思い出  春は引越しシーズン! わが家が夫の転勤で雪国へ転居したのも春先のこと。新居は社宅で、引越し業者に荷物を運び入れてもらえば生活できると思っていたのですが…。いざ到着してみると、とても暮らせる状態ではなく、慌てふためいた体験談です。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる