ママ友が花見マウント!? 初めてのお花見は、思いがけない展開に…

 わが家は転勤族。新しい土地に引っ越し、1年経ったころ、公園で仲良くなったママ友からお花見に誘ってもらいました。ママ友との初めてのお花見だったので、ウキウキで出かけたのですが、思い描いていた楽しいお花見とはちょっぴり違う展開に…。

目次

ママ友から、お花見のお誘い

写真AC

 当時、息子は3歳、娘は1歳。毎日のようにお気に入りの公園へ通っていました。そこで仲良くなったのは、息子と同じ3歳の娘さんを連れて、遊びにきていたママ。年齢も30代後半で私と同世代くらい、ほどよくカジュアルなおしゃれスタイルが好印象でした。

 最初は挨拶をする程度でしたが、会話の流れで同じ出身地ということが判明し、意気投合! LINEを交換することになりました。

 息子の幼稚園入園が目前にせまった4月のある夜、ママ友から
 「明日、○○公園でお花見がてら、一緒にお昼ごはんたべない?」というLINEがきました。

 実はLINEを交換したものの、約束をしなくても週に2回は公園で会っていたので、実際に遊ぶ約束をしたことがありませんでした。嬉しいお誘いだったので
 「ぜひぜひ!」と、すぐに返事。待ち合わせは午前10時、お昼ごはんは
 「手抜きしよう!」ということで、適当に買って集合することに決定したのでした。

お昼ごはんを調達し、いざ公園へ

 気持ちよく晴れた、お花見当日。
 朝起きた息子に、お花見の約束を伝えるとテンションMAX! 早く出かけたくて、いつもは進まない朝の準備も、サクサクとスムーズでした。

 お昼ごはんは手抜きしようということだったので、公園に行く途中のコンビニで買うことに。息子が選んだのは、とても甘そうな菓子パン。

 普段なら
 「甘いパンはダメー!」と言ってしまいますが、お友達との楽しいお花見なので
 「今日だけね!」ということで、息子が選んだ菓子パンを購入し、いざ公園へ。

思いがけないマウンティング!

写真AC

 公園でママ友と合流し、まずはお腹を空かせるためにも、子どもたちを遊ばせることにしました。たくさん遊んだ後は、楽しみにしていたお昼ごはんを食べることに。

 レジャーシートを敷き
 「さぁ、食べよう!」とママ友が取り出したのは、なんとおしゃれで可愛い手作り弁当! 思わず目が点になった私は、心の中で「手抜きしようって言ったよね!?」とつっこみましたが、口には出せず…。

 手作り弁当との格差に、思わず菓子パンを隠したくなりましたが、今更どうすることもできません。わが家は、正真正銘の手抜きごはんである菓子パンを食べ始めました。

 ママ友は
 「たまたま材料があったから!」と、爽やかな笑顔で言っていましたが、お弁当の仕上がりは、たまたまあった材料では作れないレベル。さっきまで楽しい気分だったのに、ママ友にマウントを取られた気分で、なんだか複雑な気持ちになりました。

 「私もお弁当を作ればよかった…」と、モヤモヤした気持ちを抱えながら、ふと横を見ると、普段買ってもらえない甘い菓子パンを、幸せそうに口いっぱい頬張り
 「うまー!!!」と喜びの声を上げる息子。

 思わず笑ってしまうほど幸せそうな顔をしていた息子のおかげで、私は「まぁいっか!」と平常心を取り戻すことができ、その後はみんなで楽しく過ごして解散。ママ友との初めてのお花見は、楽しさ半分・ほろ苦さ半分の思い出になりました。

 その後、わが家は引っ越しをし、今は違う場所に住んでいますが、そのママ友とは今でも連絡を取り合っています。今となっては、花見マウント事件もいい思い出となり、笑い話として話せるようになりました!

 (ファンファン福岡公式ライター / natsu.0703)

あわせて読みたい
花見でスタントマン!?  目の前にスケボーおじさんが飛んできた!  3年前の春。近くの大きな公園に家族でお花見に行きました。池やボート、野球場、広い芝生、大きな滑り台や遊具もあるこちらの公園は、春には桜も綺麗に咲きお花見ポイントとなっています。私達も6ヶ月の娘とのんびり芝生に座ったり、ベビーカーを押して散歩したり…春の暖かい光を満喫していました。休日でお天気もよかったこともあり、いつもよりも賑わっていた園内で起こった驚きの出来事です。
あわせて読みたい
お受験ママのマウントにうんざり… 逆転合格すると驚きの態度に!?  小学6年生になって中学受験をすると決め、受験塾に通い始めた娘。すると4年生から別の塾に通っていたクラスメートのママ友が、先輩ヅラで私に急接近してきました。同じ難関校を受けることになった私たちを待ち受けていたのは、まさかの結果だったのです。
あわせて読みたい
驚愕のマウンティングママ! 自宅に招いたママ友のありえない行動  娘が生後7カ月くらいの頃、SNSで知り合ったママ友とその息子さんを自宅に招いた事がありました。そこで繰り広げられたのはママ友の非常識な行動の数々… 開いた口がふさがらない、信じられないママ友の行動とは?

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる