1歳息子が瞬間接着剤を誤飲! 一瞬の油断が事故につながる

 子どもは好奇心旺盛。特に乳幼児は家の中でも目が離せません。1歳半の息子がいるわが家でも、事故が起こらないように気を付けていたはずだったのですが…。ただならぬ泣き声に駆け付けると、息子の口が接着剤まみれに! 救急車で病院へ搬送された出来事についてお話しします。

目次

瞬間接着剤を飲み込んで泣きじゃくる息子!

出典:Pixabay

 穏やかに晴れていた休日のことでした。その日は、古くなった洗濯機を業者に引き取ってもらうことになっていて、私たち夫婦は洗面所で作業をしていました。

 するとリビングから息子の泣き声が。様子を見にいくと、息子の口や襟元が濡れています。
 「よだれ?」と思いながら触れた液体は、ベタッとしていました。

 そして息子の足元に転がっているチューブを目にした私は、凍りつきました。その液体は、夫がスマホケースを修理するために使っていた瞬間接着剤だったのです!

 ふたは閉まっていたものの、アルミチューブには穴が空いていました。息子が生えそろった歯でかみちぎり、液が漏れ出してしまったようです。慌てて口の中を確認すると、歯や歯茎に付いた接着剤はすでに固まりかけています。
 「救急車呼んで! 救急車! 接着剤を飲んでる!」
 間の悪いことに、夫はちょうど洗濯機を引き取りに来た業者さんに応対中。業者さんもあぜんとしていましたが、気にする余裕などありません。

 早くしないと、接着剤が喉で固まって窒息してしまう!  恐ろしい想像にパニック状態の私は、泣きじゃくる息子を抱きかかえ、水道水で口の中や周りをバシャバシャと洗い流しました。しかし、接着剤はこすってもなかなかとれません。

 夫が「119」に電話をかけている間、私は息子を抱いてマンションのエントランスへ。息子は泣いていますが、まだ息はできています。救急車が来るまでの時間がとても長く感じられました。

責任を押し付け合って、救急車の中で夫婦げんか

出典:Pixabay

 まもなく救急車がやってきました。

 救急隊員に事情を説明すると、車内で息子の口の中を確認したり、脈を測ったりと応急処置をしてくれました。
 「飲み込んだ接着剤って、持ってきてます?」
 「あ、はい」

 ラベルに書かれた文字がよだれでにじんで読みにくそうでしたが、隊員さんは接着剤の成分を確認していました。
 洗濯機を引き渡した夫も合流し、救急車はサイレンを鳴らして走りだしました。その頃には息子も泣きやみ、具合が悪そうな様子はありません。

 ほっとするとともに、目の前に座っている夫に対して、猛烈な怒りが湧いてきました。
 「何で手が届くところに置いとくわけ? 使い終わったらしまっときなよ!」
 「それは悪かったけど、お前だって子どもから目を離してたんだろ?」  
 自分のうっかりのせいでこんなことになったのに。言い返してくる夫に、怒り心頭です。人目もはばからずののしっていると、そばにいた救急隊員さんがおずおずと、
 「あの、うちの子も誤飲したことがありました。慌てますよね…」とフォローをしてくれました。それで私はようやく、落ち着きを取り戻したのでした。

 総合病院に搬送された息子の容体はその後急変することもなく、ひと通りの検査を終えた数時間後には、無事に帰宅することができました。

 夫いわく、「ラベルに『瞬間接着剤』って書いてあったけど、自分が作業したときにも、部品がなかなかくっつかなかった」。接着力が弱めだったのが幸いしたのかもしれません。接着剤のこびりついたシャツが1着、駄目になっただけで済みました。

 子育てに慣れてきて気の緩んでいた時期に、夫婦2人とも身の引き締まるような出来事でした。
 そうそう、総合病院の医師も、接着剤のラベルを見て成分を確認していました。とっさにチューブをポケットに入れてきて本当によかったです。

 事故が起こるとパニックになって右往左往してしまいがちですが、万が一誤飲で医療機関へ行くことになった場合は、飲み込んだ物と同じ物や、その容器を持っていくと役立つと思います。

(ファンファン福岡公式ライター/桐谷きこり)

あわせて読みたい
夫の押し付けが酷い! 休日だけの子育てルールに夫婦会議が勃発 子育てのルールは家庭によってさまざま。でもそのルールはパパとママでちゃんと統一されていますか? きちんと話しておかないと面倒なことになりますよ!
あわせて読みたい
「死ぬかと思った!」祖母が遊びに来ないと知った幼稚園息子の悲劇  息子が幼稚園のとき、あることが原因で119番に電話して、救急車が出動しかねない事態になりました。当時の対処法とその原因を詳しくお話しします。 【母からの電話】 ...
あわせて読みたい
ワンオペで限界! 思わず涙があふれる 4歳息子の優しい一言とは 平日も休日も仕事で忙しい夫。家事や育児がワンオペになってしまうのは仕方がないと思っていましたが、次第に精神的に追い込まれていった私。「もう無理だ…」と限界を超えそうになったとき、絶妙のタイミングで4歳の息子が私を救ってくれたのです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる