JR九州「PayPayで買える特急券」を販売!<4/1~>

 JR九州(福岡市博多区)では4月1日(金)~2023年3月31日(金)まで、「PayPay」を活用した特急券を販売。券売機や窓口へ立ち寄る必要がなくなります。利用可能区間は、鹿児島本線 門司港・博多間および、日豊本線 小倉・行橋間の在来線特急列車停車駅相互間。発売額は以下を確認ください。

目次

「PayPayで買える特急券」2022年度も発売!

提供:九州旅客鉄道

 JR九州とPayPay(本社:東京都港区)は1~3月の間、JR九州の一部区間の特急列車を対象に、PayPayのQRコード決済機能を活用した特急券の実証実験を実施。

提供:九州旅客鉄道

 実証実験において、安定的な運用と利用者の利便性向上が確認できたことから「PayPayで買える特急券」が継続販売されることに。今後も券売機や窓口に立ち寄ることなく、特急券が購入できます。

 利用可能区間は以下。鹿児島本線 門司港・博多間および、日豊本線 小倉・行橋間の在来線特急列車停車駅相互間となります。

提供:九州旅客鉄道

 特急列車停車駅は、門司港、門司、小倉、戸畑、八幡、黒崎、折尾、赤間、東郷、福間、香椎、吉塚、博多、下曽根、行橋。

 購入方法は、特急停車駅に掲出されたQRをスキャンし、PayPayアプリから決済。列車乗車後、係員にPayPayの取引履歴を提示ください。
 4月1日(金)からの発売額は以下。

提供:九州旅客鉄道

 特急列車を利用する際は、スマホ1つで購入できる「PayPayで買える特急券」を活用してみて。

PayPayで買える特急券

設定期間:4月1日(金)~2023年3月31日(金)
利用可能区間:鹿児島本線 門司港・博多間及び日豊本線 小倉・行橋間の在来線特急列車停車駅相互間
購入方法:特急列車停車駅に、当駅発の特急料金が設定されたQRコードを掲出。各自PayPayアプリから決済し、特急列車車内で係員に取引履歴を提示ください
※払いもどしは決済から2時間以内で未使用の場合のみ
※払いもどしは「PayPay」にて。現金不可。払いもどし手数料220円が必要
※その他詳細は以下サイトから確認ください

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる