エイプリールフールの思い出 絶滅危惧種の〇〇を預かって!?

 4月1日が近づくと思い出す、あの出来事。私がまだ学生だったある日、友達から絶滅危惧種のペットを預かってほしいと言われ、何の動物か聞いてみると…。思いもよらない答えが!

目次

幼少期の夢は“動物たちと暮らすこと”

写真AC

 私は子どもの頃から動物が大好きです。ケガをしている犬猫を見つけると家に連れ帰り、家族を巻き込んで手当をしたり、ごはんを食べさせたりしていました。

 犬や猫だけではなく巣から落ちてしまったスズメやハト、カラスのヒナなども拾って帰りました。その度に手当てや、時には通院にも家族を付き合わせ支払いはもちろん両親。たまったものではありませんよね。

 そんな私が高校を卒業したある日、同じく動物好きの友達から突然電話がかかってきました。
 「旅行に行く間、ペットを預かって!」

 彼女は少し前に愛犬を老衰で亡くしたので、新しい犬を家族に迎えたのだと思いました。わが家には大型犬がいたので、彼女の犬の犬種を尋ねると、意外な答えが…。

実在した?! 手乗りの〇〇

写真AC

 「サイやねん。けど大丈夫! 手の平の上に乗る小さな手乗りサイやから! ほんま小さいサイやから、ミルちゃん(飼っている犬の名前)だって気付かんよ。餌と水さえあげてくれたらほったらかしても大丈夫!」

 は? サイ? 手に乗るサイ?? 
 「大丈夫」を早口で連発する友達に、私も負けじと質問をぶつけますが… なんとも流暢に答えるのです。

 「手乗りサイ? なにそれ?」
 「え? 知らんの? めっちゃ流行ってるやん」
 
 「どこにおったん?」
 「ペットショップの絶滅危惧種コーナー」

 「サイの餌って何あげるん?」
 「その辺の雑草だけで大丈夫!」

驚きの真相とは

写真AC

 手乗りのサイなんて本当にいるのかな… と思いつつも、あまりにも自信たっぷりに話す友人を信じ
 「いいよ! 夜には家に帰るから、とりあえず連れてきて!」と、私が友達に言い電話を切ろうとした瞬間、急に電話口の声が変わったのです。 

 その声はなんと! 誰もが知っている有名な女性芸人の2人。何がなんだかわけが分からない私と、なぜか大爆笑の電話の向こう側3人のテンションの差といったら…。

 実はこれ、TV番組の収録だったのです。あり得ない嘘を誰かに言って、信じてもらえたら賞金ゲットできるというエイプリールフール企画。その日、大阪駅で芸人の2人に偶然声をかけられた友達が、私に電話をかけてきていたのです。

 「お小遣いありがとね!」と声高らかにお礼を言われ、電話は切れました。携帯電話を片手に呆然と立ち尽くす私…。

 え? 小さいサイは預からんでいいわけ? 嘘なん?
 
 それからほどなくして、その番組を家族で見ました。友達と同じように「小さなサイを預かって」と知り合いに電話した5人のうち、誰がOKをもらえたでしょうか? というクイズ形式になっており正解は、美人女子大生枠の私の友達…。正解VTRとして、私たちの会話はすべて使われ、私の大ボケっぷりに正解VTRの中の芸人の2人も、番組出演者も大爆笑。友達は1万円の商品券の目録をもらい、それはそれは喜んでおりました。

 その番組を見て、家族からは「ほんまアホやな」という目で見られました。ですがあの当時、闘病中だった父がお腹を抱えて笑い、そしてその父を囲み、同じく大笑いする母と弟の姿は今でも涙が出るほどいい思い出として、目に焼き付いています。

 最後に一つだけ言わせてください。電話がかかってきたのは、エイプリールの日にはまだ早い、3月! さすがの私でもその日が4月1日なら、嘘ってわかったもんね! 

(ファンファン福岡公式ライター/原田らむね)

あわせて読みたい
エイプリルフールに友人から届いたメッセージ 噓から出たまこと?! 私には高校からの親友がいます。声が大きくいつもニコニコ笑っていてひょうきんな性格。クラスでいじられ屋さんの友人と、つい授業中にもふざけて先生に怒られたことも、今となっては良い思い出です。大人になっても月に一度は飲みに行っていましたが、私が県外に嫁いでから会う回数は減ってしまうことに。その後もLINEで何かと連絡を取るなか、くだらないLINEが、奇跡を感じるツールになった出来事です。
あわせて読みたい
繁忙期に限って会社を休む新人。嘘の口実がバレた理由とは…? 家族が体調を崩した、身内に不幸があった、友人の結婚式に参列する・・・。皆さんも、一度くらい嘘の口実で、仕事を休んだことがあるのではないでしょうか。 通常の休日であろうと、有給休暇であろうと、法的には休む理由を伝える必要はないのですが、休みの口実が嘘だとバレてしまったら、周囲の心証が悪くなるかも?!  最近では、意外なところから、嘘が露呈するようです。
あわせて読みたい
結婚相手を探すため、嘘をついて入社・・・常識はずれのトンデモ女子  婚活女子の間で注目されているのが、理系男子。奥手で真面目そう、周りに女性が少なくて狙い目、理系の専門職なら将来性があって頼もしい・・・など、理想の旦那さんとし...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる