知っとう? おいしゃんがよく使う博多弁とは【あるある福岡】

 最近は、博多弁を使わない若者も多いですが、おいしゃん(おじさん)には、まだまだ“濃い”博多弁を使う人が多くいます。博多華丸大吉さんの漫才でもよくテーマになりますよね。今回は、そんな博多のおいしゃんがよく使う博多弁を紹介します!

出典:写真AC
目次

~くさ

 社会人になって衝撃を受けたのは、会社に「くさくさおじさん」がたくさんいることでした。  匂いが臭いのではありません。恐らく無意識に、語尾に「くさ」を付けて話してしまうおじさんのことです。博多弁の「くさ」は、「~ね」、「~さ」など、特に意味はないけれど語尾につける言葉です。    「あのくさ、昨日の話の続きやけど(あのね、昨日の話の続きだけれど)」  「家のくさ、庭にくさ、犬小屋があるとばってんくさ(家のね、庭にね、犬小屋があるんだけどさ)」  慣れれば、かわいらしくさえ聞こえるのですが、最初は「くさ」の連発に驚いてしまいました。

こわる

 「こわる」は「(筋肉が)痛くなる」という意味です。  「昨日ゴルフに行ったけん、足がこわっと~(昨日ゴルフに行ったから、足が筋肉痛になったよ~)」  「笑いすぎたけん、顔のこわっとうったい(笑いすぎたから、顔の筋肉が痛いんだよ)」  決して、顔が怖いのではありません。「肩がこわる」とはあまり言わないので、「凝る」というニュアンスとは微妙に違います。普段使わない筋肉を使って筋肉痛になった時に使う博多弁です。

てれんぱれん

 「てれんぱれん」は、「だらだらした様子」という意味です。似たような言葉に「てれっと」もあります。  「てれんぱれんせんと、さっさと片付けり(だらだらしないで、さっさと片付けなさい)」  「てれっとせんで走らんか!(だらだらしないで、走りなさい!)」  福岡の小学校や中学校に通っていた人ならば、先生からよく言われていたのではないでしょうか。

ぼてくりこかす

出典:写真AC

 少々物騒な言葉ですが、「ぼてくりこかす」は、怒った時に使う「めちゃくちゃ殴って倒すぞ!」という脅しのような意味です。こかす=転がす、倒すのニュアンス。「くらす」も似たような博多弁です。  「もうぐらぐらこいた! ぼてくりこかすぞ(もうめちゃくちゃ怒った! ぶん殴って倒してやる)」  「きさん、くらすぞ。(あなた、ぶん殴るぞ)」  血の気の多い博多っ子が、よく使う印象があります。お酒を飲んで、議論が白熱した時にもよく耳にします。

 博多弁にはまだまだ種類があるので、ご紹介したいと思います。  皆さんがよく使う博多弁、知っている「福岡あるある」があれば、ぜひ #あるある福岡 をつけてTwitterに投稿してください! あなたの投稿が紹介されるかもしれません。

【福岡の常識】女子に「よか」と言われてぬか喜びすると大怪我する!? 

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる