「クローゼット収納」のポイント。使いやすく美しい収納のコツは?

 すっきりとしたお部屋を目指すなら、多くのご家庭にある「クローゼット収納」の見直しが近道になります。お家の中でも貴重な大型収納だからこそ、無駄を減らし上手に使いこなしたいですね。今回は、使いやすく美しい「クローゼット収納」のポイントをご紹介します。

目次

クローゼット収納を始める前に

出典:写真AC

 あなたのお家のクローゼット収納、上手く使えていますか。すっきりとしたインテリアを保つためには、「モノの定位置」をつくり片付けをスムーズにしてあげることが大切。こうすると、モノを探す手間やいくつも同じモノを買ってしまうという失敗も減り一石二鳥です。  クローゼットが片付かない…とお悩みなら、まずは現状を把握することから始めてみましょう。クローゼットの中に何がどれだけの量あるのか知れば、必要なモノ不要なモノを仕分けでき、その後の収納もスムーズになるはずです。

使いやすく美しい「クローゼット収納」のポイント

 使いやすいクローゼットのポイントは、一目で「何がどこにあるのか」わかるようモノが配置されていること。以下のアイデアを参考に、あなたもクローゼットを整えてみてはいかがでしょう。

アイデア1:高さを無駄なく使う

 クローゼットの高さや奥行きを無駄なく活用すれば、収納量が格段にアップ。  たとえば、中途半端に空間が開いてしまう下段にもハンガーバーを設置して、上下の空間を余すところなく収納にするアイデアも。トップスとボトムスを分けて掛けておけば、上下のコーディネートもしやすくなりそう。

アイデア2:引き出し収納をプラスする

 クローゼットのバーが上段のみの場合は、下の空間に引き出し収納をプラスするのも良いですね。浅型深型の引き出しを取り入れれば、服だけでなくハンカチや靴下などの小物やバッグなどもすっきりと収納することができます。  シワが気になるシャツやアウターなどはハンガーに、TシャツなどたたんでもOKなアイテムは引き出しにしまうと、より多くの服を収納することができます。  小物は仕切り板やブックスタンドを使って立てて収納するのがおすすめ。出し入れしやすく見た目も美しく仕上がります。

アイデア3:上段の棚は、使用頻度の低いモノの収納に

 クローゼット上の棚は、シーズンオフの服や使う頻度の低いアイテムの収納に使うのがおすすめ。  衣類収納袋や紙製ボックスなど、軽い素材で作られた収納グッズを使うとクローゼットの奥行きを無駄なく使うことができるうえ、出し入れもしやすくなるでしょう。  収納グッズのデザインや色を揃えれば統一感が生まれ、クローゼットを開けるたびに嬉しくなるような美しさに。また、ボックスや袋には中身をラベリングしておくとモノの迷子が減り便利に使えるでしょう。

アイデア4:すき間も無駄なく収納に

 クローゼットの中で中途半端にできてしまうすき間、収納に使わなければもったいないですよね。最近では、すき間を上手に活用できるグッズがたくさん展開されています。  たとえば、バッグやシャツ、ネクタイなどをまとめて収納できる吊せるポケットや、サイズ展開も豊富な薄型の引き出し収納などはホームセンターやインターネットでも気軽に手に入れることができます。  あなたのクローゼットに合った「すき間収納グッズ」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

クローゼット収納を整えてすっきりとしたお部屋に

出典:写真AC

 使いやすいクローゼットは「一目瞭然」であること。モノが増えるとモノの前にモノを置いてしまったり、重ねてしまったりすることもありますよね。  でもそんな時こそ「一目でわかるクローゼット」を目指して、収納を見直してみてはいかがでしょうか。きっと衣替えもラクになり、モノの無駄も減って暮らしがより軽やかになるはずですよ。

【執筆者プロフィール】

Naomi.Sping代表/フリーライター 伊野奈緒美 WEBメディアを中心に、企業サイトなどさまざまな媒体でインテリア・住宅・ライフスタイル関連の記事執筆を手掛ける。福岡ライフスタイルメディア「福岡暮らす~FUKU-KURA(フククラ)」を運営。 【保有資格】 リフォームスタイリスト3級/カラーコーディネーター2級/文部科学省後援 リビングスタイリスト2級/福岡検定初級

Naomi.Spring

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる