陣痛を我慢しすぎて、医師もびっくり! 病院到着1時間で出産した話

 初めての妊娠。子どもを望んでいた私と夫はとても喜びました。つわりも軽く、経過も順調でしたが…。まさか自分がスピード出産をすることになるなんて、この時考えてもいませんでした。

目次

陣痛にソワソワする毎日

写真AC

 里帰り出産の私は、妊娠後期から実家にいました。寝る前の日課は、ネットでの検索。陣痛がどんなものなのか調べていました。友人からは
 「陣痛はすぐ分かる」と言われていましたが、元々お腹の弱い私は、それに気付けるか心配でした。

 迎えた出産予定日。ドキドキしながらの健診では
 「あと1週間はかかりそうだね」と言われ、まだ産まれないのかぁ… と、呑気に家へ帰りました。

 事態が急展開したのは、その2日後の朝です。目を覚ますと、キューっとするお腹の痛み。でもまだ産まれないだろうと言われているし、きっと前駆陣痛だと言い聞かせ、ゆっくり過ごしていました。

これは陣痛?

 その日は夫が実家へ来てくれたので、気分転換に出かけることに。その頃にはお腹の痛みも無くなっていました。
 「やっぱり前駆陣痛だよ、陣痛があんな痛さなわけない」と夫と笑ってはいましたが、気になるので、病院の近くの公園やショッピングモールを散策することに。

 しばらく歩いていると、またキューっとした痛みがきます。5分おきもあれば1時間おきの時も。「これが陣痛?」と一気に不安になりましたが、痛みが10分間隔になったら病院へと言われていた私は、まだ痛みも不定期だからと、夫と散策を続けました。

 夕方実家へ戻り、母にも話しましたが
 「そんな痛みじゃ、まだだよ」と一言。母の言葉を疑うことなく、少しずつ増す痛みに耐えながら眠りにつきました。

 陣痛はすぐ分かる、そんな痛みじゃまだ。そんな周りの言葉を鵜呑みにしていた私。この時、どんどんお産が進んでいることに気付いていませんでした…。

ついに来た出産の時!

写真AC

 痛みで目が覚めたのは明け方。大分痛みが増しており、お腹を押さえながら歩く程でした。時間を計ると既に5分間隔だったので病院に即連絡。その後、夫にも
 「すぐには産まれないと思う」とだけ伝え、私は母の運転で病院へ向かいました。数分ごとにくる、息を止めてしまう程の痛み。「陣痛はそんなもんじゃない」と言っていた母も、「車で産まれるかも」とかなり焦ったそうです。

 病院に着いた頃には、痛みで座り込む程に。うずくまっている私を見た助産師さんが
 「これかなり進んでるね!」と、車椅子を持ってきてくれました。

 その後すぐに分娩室で内診。
 「もう全開よ。すぐ先生呼んでくるから」と、周りの助産師さん達が急に慌ただしく動き始めます。
 「もう産まれるわ。立ち会い予定の旦那さん、間に合わないけどいい?」と聞かれましたが、それどころではなく必死に頷いたのを覚えています。

 その後はあっという間。病院に着いてから1時間というスピード出産でした。

 先生は、
 「もう少しで家で産まれるところだったね。痛みに強い人、たまにいるんだよ」と笑っていました。私が
 「陣痛はそんな痛さじゃないって皆に言われたから、もっと痛くなると思って我慢してた…」と言うと、
 「ここまで我慢できる人は中々いない。痛みに強いのもいいけど、もし次があるならその時は気をつけて!」と笑顔で釘を刺されました。

 夫が病院に着いたのは出産の約30分後。
 「もう産まれたの!?」と驚く夫。立会いできず残念そうでしたが、赤ちゃんを抱っこしている顔はお父さんの顔でした。

 出産は自分の思い通りにはいきませんね。私が言うのも何ですが、我慢しすぎは禁物ですよ!

 (ファンファン福岡公式ライター / こんぺいとう)

あわせて読みたい
出産間近で入院すると、想定外の出来事が! 微弱陣痛の落とし穴  妊娠37週の健診後の夜のことです。陣痛のようなお腹の痛みが起こり入院する事に。しかし、なかなか産まれず翌日退院となりました。出産後、忘れた頃に届いた病院から...
あわせて読みたい
立ち会い出産での夫の役割とは? 予定日の1カ月も前に突然陣痛がやってきた! 出産の際に夫の立ち会いをどうするか、悩まれる妊婦さんが多いのではないかと思います。 私の場合、最初の出産では夫の立ち会いを希望しました。 でも、必ずしもすべて...
あわせて読みたい
妊婦おにぎり、陣痛絵、腹タッチ!子沢山ママに執着するママ友の話  子どもが欲しいけれど、なかなか授からない。そんな時、わらにもすがる思いで、子宝神社や子宝スポットにお参りする方も多いことでしょう。妊活中のすべての方が、子宝に恵まれるよう願ってやみませんが、他人に迷惑をかける子宝祈願は考えもの。 筆者が目撃した、厄介な子宝祈願の話をしましょう。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる