胎内記憶は嬉しいけどちょっと複雑!? わが子が語った驚きの記憶

 「胎内記憶」という言葉をご存じですか? 子どもがお母さんの胎内にいた頃の記憶のことをいいます。わが家では、娘が前触れもなく話をし始めました。本来なら感動の話になるはずが、少し複雑な気持ちにさせられてしまいます。娘が話したその内容とは…?

目次

突然の告白

写真AC

 娘が2歳の頃の話です。昼ごはんを食べさせ、そろそろ片付けをしようとしたその時でした。
 突然、娘が
 「すごくせまかったんだよ」と言ったのです。

 私は、娘が椅子から落ちないようにしていたベルトのことかと思い
 「どうしたの? 椅子がきつい?」と、聞き返しました。すると、私のお腹のあたりを指さして
 「ママのおなかのなか」というではありませんか! これは噂の「胎内記憶」というやつでは? と思った私は、急いで紙とペンを用意しました。こちらから尋ね過ぎるのも良くないと聞いたことがあったので、あくまで娘が言ったことを繰り返しながら、会話を続けることにしました。

 「ママのお腹の中は狭かったんだね」と言うと
 「うん、せまかったの。くらいし、ギューギューして、いやだった。だからいっぱいけったの」と話を続けてくれました。

一致する証言

写真AC

 確かに、お腹の中にいた頃とても活発に動いており、とにかくよく蹴る子でした。夫が見ても分かるくらいお腹が動き、時には、あまりの痛さにうずくまることさえありました。
 そのため私は、娘が言っていることに、より真実味を感じられたのです。初めて聞くことができた胎内記憶。私は感動のあまり、メモを取ることも忘れてうるうるしていました。
 「そっかそっか! お腹の中で元気に大きくなっていたし、そりゃ狭くてしんどかったよね」と言って、抱きしめようと手をのばした時、娘から意外な言葉が…。

 「うん! でもね、いちばんいやだったのはね、あせくさかったの。ママのおなかのなか、あせくさくて、はやくでたかったのー」 
 「… ん? あ、汗臭い?」
 「そう、だから、たくさんけって、はやくでたいーっていったんだよ。そしたらでれたの」

 そう屈託のない笑顔で言う娘に、会話を続けたかったはずの私は、
 「そ、そうだったんだね…」と答えることしかできませんでした。

 確かに私は明け方、腹部に蹴られた様な強い衝撃を受け、その後、破水して2週間も早く出産しました。「言っていること、あっているなぁ…」なんて冷静に思いながらも、「汗臭い」「早く出たかった」という言葉が強烈過ぎて、呆然としていました。「お母さんのお腹の中って、居心地がいいって聞くけど!?」なんてことも頭でぐるぐる考えていましたね。

 娘はその後、ひとしきり話し終えたのか、おもちゃで遊び始めてしまいました。

消えた胎内記憶

 夜、主人に話をすると、とてもおもしろがって
 「自分も聞いてみたい!」と興奮していました。私も、もう一度確認したかったので、翌日、改めて2人で聞いてみることに。

 しかし、何度聞いても、本人は
 「んー、わかんなーい。しらなーい」というばかりで、胎内にいた頃の話は二度としてくれませんでした。

 「汗臭い」というキーワードにはかなり驚き、当時はちょっぴり複雑な気持ちにもなりました。しかし、貴重な胎内記憶の話が聞けたことは純粋にうれしかったです。

 娘が大きくなった時に聞かせてあげられるよう、あの中途半端なメモはきちんと残しておこうと思います。どんな顔をするのか今から楽しみです!

 (ファンファン福岡公式ライター / Kyoko)

あわせて読みたい
「ゴハン!ゴハンあった!」長男と次男、胎内記憶のちがいが神秘的! 胎内記憶は2歳から3歳までの子どもなら覚えていると言われています。いつかは忘れてしまう大切な、お母さんのお腹の中にいた時の記憶は、子ども自らが話してくれる事もあれば、親が聞いても話してくれない子どももいます。 今回は私の長男と次男が話してくれた胎内記憶についてお話しします。
あわせて読みたい
ギフテッドチャイルド児が語った胎内記憶に驚愕! 最近よく耳にする「ギフテッドチャイルド」。わが家の7歳の娘もIQ140以上あり、たまに驚異的な記憶力を発揮して親を驚かせることがあります。今回は、3歳頃に胎内記憶について聞いたエピソードをご紹介します。
あわせて読みたい
胎内記憶「ママのお腹の中のこと、覚えてる?」息子の意外な返答は…  「胎内記憶って知ってる?」第2子の息子が3歳になった頃のこと。ご近所のママ友宅でおしゃべりをしている時に、ママ友Aが聞いてきました。胎内記憶という言葉はなんと...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる