「博多町家」ふるさと館で「古文書はじめて講座」開催!

 「博多町家」ふるさと館(福岡市博多区)は5月18日(水)、6月15日(水)、7月20日(水)、8月17日(水)に開催する「古文書はじめて講座」の参加者を募集しています。この講座は初心者向けの古文書講座第6弾。博多の史料を用いて、郷土史についても学んでいきます。この機会に古文書の世界に触れてみては。

古文書はじめて講座

全4回講座。
古文書講座講師:天本孝久氏(元「筑前黒田家文書を読む会」会長)
博多郷土史講師:長谷川法世(「博多町家」ふるさと館館長)
日時:5月18日、6月15日、7月20日、8月17日(5月~8月の第3水曜日)14:30~16:00
会場:「博多町家」ふるさと館・展示棟会議室
料金:2,000円(4講座分)
定員:12人(抽選)
申し込み方法:4月15日(金)~30日(土)の間に来館、電話、ファクス、メールのいずれかで名前、住所、電話番号を伝えて申し込みを。
※4月30日の締め切り後、抽選の上、当選者のみ5月3日(火)までに電話で連絡します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる