平和を願い折り鶴「#ウクライナ」縁ZURUプロジェクト

 西日本新聞では、ウクライナの平和を願う折り鶴の制作とウクライナへの支援を呼びかける「縁ZURU(エンヅル)」プロジェクトを始めました。創刊145周年企画の一環です。

西日本新聞創刊145周年「守ってきた価値、守っていく価値」から 撮影:中村紀世志氏

 「縁ZURU」プロジェクトでは、日本とウクライナをモチーフにした織り鶴の折り方を紹介。出来上がると2羽のツルがまるで手を取り合うように並ぶ、連鶴の形になります。

「縁ZURU」の完成イメージ

 さらに1.縁ZURUを折ろう→2.「#PEACEウクライナ」で自分のSNS(ツイッターやインスタグラム)に投稿しよう→3.支援しよう と呼びかけます。

PDFファイルから折り紙を出力できます

 投稿された写真はニュースサイト「西日本新聞me」で紹介する予定です。


 折った縁ZURUは部屋や玄関、仕事のデスクに置いていつも目にすることで、ウクライナや平和について考える時間を持ちたいですね。

 詳しくは、「西日本新聞me」のページで確認を。折り方の動画もあるので参考にしてください。主な支援団体の募金情報も紹介しています。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる