【キャナルシティ劇場】2022年7月からの上演ラインアップを公表

 キャナルシティ博多(福岡市博多区)内の「キャナルシティ劇場」が7月から、音楽コンサートや演劇、古典芸能など幅広く楽しめる「総合エンターテイメントシアター」に転換。本記事では、7月から新たに生まれ変わる「キャナルシティ劇場」の上演ラインアップを紹介します。

目次

能・狂言や落語、コンサートなど多彩な演目が勢ぞろい

提供:サンライズプロモーション東京

 「キャナルシティ劇場」は、この夏から福岡・九州の“劇場文化のさらなる発展”と“キャナルシティ博多のエンターテイメント性の強化”を目的として、「総合エンターテイメントシアター」へ転換します。

 7月1日(金)には、能楽シテ方観世流・梅若実玄祥氏と狂言師 野村萬斎氏による、祝能「翁  弓矢立合」と狂言 「二人袴  三段之舞」を上演。新たなる劇場の門出を祝う特別な内容となっています。以降、上演される演目は以下(4月18日時点)。

提供:サンライズプロモーション東京

 今後は、コンサート、演劇、ミュージカルはもちろん、マンガやアニメ、ゲームを題材とした2.5次元舞台、歌舞伎、落語などの上演も予定。海外アーティストの公演にも取り組んでいくそうです。これからどんな舞台やコンサートが上演されるのか楽しみですね♪「キャナルシティ劇場」の今後の告知にも注目です。

キャナルシティ劇場

住所:福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティ博多ノースビル4F
営業時間:公演スケジュールにより異なる
定休日:公演スケジュールにより異なる
座席数:1,132席
電話番号:0570-008-110

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる