ゲームセンターでまさかの出来事! 落ち込む娘の元に現れたのは…?

 最近クレーンゲームにはまっている夫と、それを隣で見るのが好きな4歳の娘。田舎の小さなゲームセンターにて、景品が取れず落ち込む娘のもとに現れたのは?

目次

クレーンゲームにはまった夫

写真AC

 今年31歳になったわが家の夫、突然クレーンゲームにハマり出しました。いつも娘が欲しいと言った景品を取ろうと頑張るのですが、まだまだ技術が足りません。

 そんなある日のこと、娘のカバンを買いに訪れた商業施設の入り口付近に、小さなゲームセンターがありました。それを見た娘は、すぐさまクレーンゲームへとダッシュします。

 「パパ! 見て! これかわいいよ!」好きなキャラクターのフィギュアがあったようで、大興奮の娘。
 「よし、取ろう! 腕のみせどころだ!」と張り切る夫。

 そんな2人に呆れつつ、私は
 「あんまりお金使わないようにしてよ〜」と言って、息子と先に店内を見て回ることにしました。

落ち込む娘

写真AC

 しばらくして、夫と娘の様子を見にいくと、2人はまだ景品を取ろうと粘っていました。

 「いくら使ったの?」
 「2000円くらい」

 「2000円!? もったいない〜」
 「でもここまできたら取るしか…」

 「… お小遣いぜんぶなくなるぞ〜」
 「…」

 「小遣いがなくなる」というワードが効いたのか、夫は慌ててクレーンゲームから離れました。今回は諦めることにしたようです。

 一方、娘は
 「嫌だ〜 これがいい。今ほしいんだよ〜」と、泣いて諦めようとしなかったものの、私が
 「お金がないから今日は諦めよう。大人になってお仕事したら、たくさんゲームできるよ〜」と言うと、何を言ってもダメだと悟ったのか
 「お仕事してお金たくさんもらったら、いっぱいゲームやる」と言って、納得してくれました。

 こうして、当初の予定よりもかなり遅れて、本来の目的である雑貨店の中へ入ったのでした。

声をかけられ…

写真AC

 店内を見て10分ほどした頃です。急にうしろから
 「スミマセン!」と声をかけられました。

 「?」と思い振り向くと、そこには、背の高い外国人のお兄さんが。すると、そのお兄さんは、
 「コレ、ドウゾ」と言って、先ほど取れなかったクレーンゲームの景品を差し出してきたのです。

 「え! い、いいんですか?」と聞くと、お兄さんは何も言わずに娘に景品を持たせると、ニコニコしながら手を振って、そのままゲームセンターへ戻って行きました。

 これには娘もポカン。しかし、手に持ったフィギュアの箱を見て、状況が理解できたのか、
 「やった〜!」とその場で踊り出すほど喜んでいました。

 夫に聞くと、どうやらそのお兄さんも、友達3人くらいとクレーンゲームをしていたようです。一連の流れを見ていて、わざわざ娘のために取ってくれたのでしょうか。

 「ちゃんとお礼がしたい!」そう思った私たちは、再度ゲームセンターへ戻り、唯一話せる英語「センキュー!」を使って、一生懸命お礼を伝えます。会話はできませんでしたが、外国人のお兄さんとその友達も、終始笑顔で、なんともいえない素敵な時間でした。

 この出来事は、私だけでなく娘にとっても印象深いものになったらしく
 「ママ、外国人のお兄さん優しかったよね〜」と、今でもよくこの話をします。そして、もっとも影響を受けたのは夫だったようで、その後YouTubeで英語を勉強するようになったのでした。

(ファンファン福岡公式ライター/きゆな なみ)

あわせて読みたい
人は見た目じゃない… 強面お兄さんがとった神対応とは? 「人を見た目で判断してはいけない」皆さんも一度は聞いたことがあるセリフではないでしょうか? そうはいっても、見た目が怖そうな人に会うとついつい避けてしまうことが多かった私。しかし子どもが生まれてからというもの「人は見た目じゃないな…」と思うようなことが何度かありました。今回は、その中の1つでとても印象に残っているエピソードをお話しします。
あわせて読みたい
人見知りで体験レッスンに行けない5歳息子 克服した方法とは  インドネシアに在住していた時の話です。5歳の息子を学習塾(日本発祥で、算数に強く、世界中に展開している某学習塾)に体験レッスンに通わせようとするも、人見知りする息子は思うように体験レッスンに参加できず…。どうやって通えるようになったのでしょうか。
あわせて読みたい
子どもの泣き声に苦情! 隣人からの恐怖体験【引っ越しトラブル】 夫との別居を機に、1LDKのアパートに引っ越した私と娘。私は築年数が浅い物件がよかったので、狭めのアパートに住むことになったのですが… 引っ越し後数日で違和感を感じることに。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる