手土産にも♪「旅するおいなり」 ローカルデべロップメントラボ

 ちょっとした手土産を持っていくとき、何にするか悩みますよね。私がおすすめするのは、イムズ(福岡市中央区)3階にある、local development lab(ローカルデべロップメントラボ)の「旅するおいなり」! キツネのパッケージが可愛いし、味はもちろん美味しいし、老若男女問わず喜ばれそうです♪

目次

イムズ3階local development lab

出典:mochico2408

 イムズの3階のエスカレーター前にあるlocal development lab。九州産の野菜、調味料、菓子、雑貨などが並ぶおしゃれなお店です。写真に写っていませんが、左奥がカフェスペースになっていて、食事で利用することができます。以前期間限定の糸島野菜たっぷりスパイスカレーを食べたら、とっても美味しかったです!

出典:mochico2408

 1月に行った時のイートインメニューはこちら。「新米 にこまるおむすびセット」(680円・税別)が個人的に気になります! メニューは時期によって変わるようです。

九州各地の良品がたくさん!

 食事ができるのは、「キッチンラボ」。九州の食品や雑貨が販売されているスペースは、「&LOCALS」と呼ばれているそうです。

出典:mochico2408

 &LOCALSを拝見。福岡にある、「英彦山観光りんご園のドライりんご」 (330円・税別)などパッケージもオシャレで気になる商品が並びます。

出典:mochico2408

 こちらは時期によっておすすめのスペースが変わるコーナー。1月になって行ったら、宮崎県にある「しも農園 国産無農薬のごま」が販売されていました。  完全無農薬にんじんジュースがあったり、年末にはhifumiのたねのしめ縄飾りがあったりと、いつ行っても楽しむことができます!

出典:mochico2408

 その他私が特に気になったのは、「英彦山がらがら」(850円・税別)。様々な色や絵柄があります。一年間玄関に飾った後は、土に埋めるて自然に還すことができるそうです。

イートインも可能です

出典:mochico2408

 キッチンラボでは体に優しい定食やドリンクを楽しむことができます。写真は「旅するおいなりセット」(500円・税別)。おいなり2個と、ドリンク、それぞれ好きなものを選ぶことができます。

出典:mochico2408

 こちらは10月に食べたベジタブルスパイスカレー。野菜だけなのに食べ応えがあり、スパイスカレー好きにはたまらない一品でした。サラダの人参ドレッシングもとっても美味しかったです!

今回は「旅するおいなり」をテークアウト

出典:mochico2408

 今回は旅するおいなりをテークアウトしました。 キツネのマークが可愛くて前から気になっていた商品です。 キャンディのように1つ1つ個包装になっているのが可愛いし、個包装だと手土産にもおすすめですね。 白色: 鹿児島県 喜界島 在来種白ごまおいなり 130円(税別) 灰色: 福岡県 奥八女 椎茸柚子胡椒おいなり 150円(税別)  この日は販売されていませんでしたが、赤色の包装紙で「福岡県 英彦山 りんご蜂蜜おいなり」150円(税別)もあります♪

出典:mochico2408

 こちらは断面。右が白ごまおいなり、左が椎茸柚子胡椒おいなりです。 ぷちぷちと玄米の食感を楽しむことができます。材料にこだわっているだけあって、お酢が苦手な人も食べやすい優しい味です。白ごまは香り豊かでした。柚子胡椒は意外とぴりりときいていたので、辛いのが好きな大人におすすめだと思います!

出典:mochico2408

 手土産用に箱に詰めてもらうこともできます。 8個、10個、最大20個までOKです。種類は自由に選ぶことができ、箱代は200円(税別)です。  なお、1月から旅するおいなりの販売は金、土、日曜日だけになっているそうです! 事前にお店に確認をしてから買いに行く方が良いかもしれません。  子どもから大人までハッピーな気持ちになれる、旅するおいなりをぜひ食べてみてください♪

出典:mochico2408

施設名:ローカルデベロップメントラボ
住所:福岡県中央区天神1-7-11 イムズ 3F
アクセス:西鉄福岡駅(天神)から179m

ローカルデベロップメントラボ 公式サイト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる