転校生の私を噓つき呼ばわり! 20年を経て遭遇した先生の姿は… 

 父の仕事の都合で、小3の二学期に転校した私。新しい担任の先生によって、悲しい思いを体験しました。そして20年が過ぎ、偶然、思いがけない場所で遭遇したのです。

目次

不安だらけの新しい学校生活

写真AC

 関西のマンモス小学校から他県に転校した私。小3の女子はたった6人、完成した仲良しペアが3組。7人目の私は半端です。また、男子に関西弁を真似されたりして、私は次第と無口になりました。

 ある日の休み時間、ある女の子が
 「一緒に図書室に行こう」と声をかけてくれました。けれど、彼女のペアの子はブスっと不機嫌。
 そこへ担任の先生が来て、真顔で呟いたのです。
 「やっと女子6人で落ち着いたと思ったら、また奇数だわ」

 私の母と同年代の先生は、穏やかな母とは違い、表情が乏しく親しみにくい雰囲気。そんな先生の言葉は、私が転校してきたことを迷惑がっているように聞こえ、かなり落ち込みました。

一生懸命伝えても届かない言葉

写真AC

 ある日、私は授業終了後、勇気を振り絞り先生のもとへ行きました。その日の学習の基礎を習っておらず、授業の進行についていけなかったのです。
 これは困った! 小3の私は不安でいっぱいでした。前の学校で、勉強が分からず毎時間ウロウロしている男の子がおり、その子の姿を今日の自分と重ね合わせたからです。

 教室の端で、キャスター椅子に座っていた先生は、くるりと私に向き直りました。その顔はまるで能面のようでした。

 私は、教科書の進行が前の学校と違うのだと一生懸命伝えました。次第に先生の表情が変化し、両目を吊り上げて私の話をさえぎり
 「本当に?」そして怒った顔で
 「前の学校の教科書、明日全部持って来て」その固い声を聞いた瞬間、私は確信しました。先生は、私の話を疑い、嘘つき呼ばわりしている。

 翌日、重い教科書の束を抱えて登校し、朝一番に渡しました。放課後、無言で私にそれらを返す先生の顔はむすっとして、最後まで目を合わせることはありませんでした。 

 その後、授業で困らなくなったのは、先生が授業内容を配慮してくれたからなのか、真相はわかりません。その後も先生は私とまともに目を合わせず、避けられた状態のまま小3を終えました。

忘れられなかった悲しい気持ち

写真AC

 春になり先生は転任。いつしか私も学校に溶け込み、楽しい日々を過ごしました。そして、気づけばあれから20年以上経ちました。

 ある日、眼科の待合室で、聞き覚えのある名前に顔を上げると、のっそりと受付に進んでいく年配の女性。その横顔は、忘れもしないあの担任の先生でした。

 彼女の視線の先には、一心にスマホをいじる中年男性。先生が名前を呼ぶと、息子と思わしきその男性はだるそうに立ち上がりました。そして、大きな足音を立ててそばへ行き、何か強い口調を浴びせます。
 会計が終わると、男性は不機嫌な表情で、おどおどした様子の先生を無理やり外へ追い立てていきました。

 もつれる足で、よろよろと去っていく先生の後ろ姿。当時の悲しかった記憶が一気によみがえりました。
 先生はあの頃、どんな思いであの息子を育てていたのか。家庭と仕事の両立はきっと大変だったろう。
 
 今さら先生を恨む気はなく、もちろん同情する気もありません。ただ、人の記憶に、自分の存在が悲しいものとして残るような生き方はしたくないな、と感じました。

 その後、待合室の隅で、しばらくの間、遠い思い出をかみしめながら、当時の自分に「悲しまなくてもいいんだよ。学校の先生が必ずしも正しいわけじゃないんだよ」と優しく声をかけたのでした。

(ファンファン福岡公式ライター/山ナオミ)

あわせて読みたい
転入生と親友に! 忘れられない出会い。仲良くなったきっかけとは  私には30年の付き合いになる友達A子がいます。彼女との出会いは小学6年生の春。みんなが泥だらけになって遊ぶ、下町の小学校に転入してきたA子との衝撃の出会いと、その思い出をお話ししたいと思います。
あわせて読みたい
うちは託児所じゃない! 夏休みに子どもを押し付ける非常識ママに怒り心頭 夏休みが始まったものの、待っていたのは娘の同級生が入り浸る日々…。最初は受け入れていた私も、まるで託児所のように平然とわが家へ預けようとする同級生のママに、ついにたまっていた怒りが爆発してしまいました。
あわせて読みたい
自閉症児の就学先を心配していたら… ある公立小の神対応に感動! 自閉症の息子が小学校へ入学する際に、親として一番心配したのは「通常学級に通えるかどうか」ということです。区の就学相談で、普通級と支援級の利用を勧められました...


 

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる