【八方亭】地元の常連客が多数集う“音楽屋台”〜福岡グルメ探検隊〜

 福岡県内のおいしいお店をもっと知りたい探したい! 県内隅々を“探検”して、見つけた「うまかもん」のお店を紹介します。今回は中央区天神にある「八方亭(はっぽうてい)」を探検してきました! ※営業時間は変更の可能性があります。

目次

2人の店主と鉄板を中心としたメニューが楽しめる屋台

ふわふわの「山芋鉄板焼」

 天神・昭和通り沿いに軒を連ねる屋台。そのひとつ、緑ののれんを掲げるのが「八方亭」です。店を切り盛りするのは店主の木原毅さんと大洲健さん。調理もトークもあうんの呼吸で軽快に進んでいく雰囲気が「八方亭」ならではの魅力です。

定番メニューの「コンビーフ卵とじ」

 「屋台=観光客が多い」というイメージもありますが、「八方亭」は地元の常連客が多いのが特徴です。

 元バンドマンだった木原さんと大洲さんのつながりで、長年通う地元のミュージシャンやアーティストが多数。カルチャーの発信地として知られる親不孝通り近くで営業を続けていることもあり、飲食や音楽業界関係者などディープな常連が集うこともあります。

 メニューは「ホルモン味噌(みそ)炒め」(670円)や「コンビーフ卵とじ」(650円)などのほか、おでん(130円~)や「串物」(110円~)などの定番メニューも用意。

 注文が入ってから山芋をすりおろし、ふんわりと焼き上げる「山芋鉄板焼」(570円)と、大洲さんがていねいに焼いてくれる「明太だし巻」(720円)はぜひ食べてみてほしいおすすめのメニューです。

「福岡天神センタービル」前で営業

八方亭(はっぽうてい)

住所 福岡市中央区天神2-14-13
電話 090-9490-9142
営業 18:30〜翌1:00
不定休

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

「ファンファン福岡/サブクリップ」(福岡都市圏内配布、福岡市地下鉄駅駅設置)紙面に掲載した話題、編集部員が突撃取材した話題などを紹介します!

目次
閉じる