「劇場版ラジエーションハウス」完成披露試写会リポート〜4月29日(金・祝)公開!

 4月29日(金・祝)公開の映画「劇場版ラジエーションハウス」。4月4日に東京・六本木のTOHOシネマズで完成披露試写会が行われました。上映前の舞台あいさつには窪田正孝さん、本田翼さん、広瀬アリスさん、山口紗弥加さん、遠藤憲一さん、浜野謙太さん、矢野聖人さん、鈴木伸之さん、八嶋智人さん、和久井映見さん、鈴木雅之監督が登壇。”ラジハ”チームの仲の良さに会場は温かいムードに包まれました。その様子をリポートします。

—まずは鈴木監督、主演の窪田さんからあいさつを。

(鈴木監督) この映画は、ちょうどコロナ禍が始まった2020年に脚本を作り、21年のコロナ禍真っ盛りに撮影をしました。コロナと闘う最先端の医師とはやや異なり、われわれと同じ境遇の技師という仕事をメインに描いておりますので、そういう人たちへのエールになれば良いなと思って作りました。もちろん、エンターテインメントなので気軽に楽しく、そして笑って見ていただいた上で、そのあたりも感じながら見てもらえると良いなと思います。

(窪田さん) 昨年の夏に、約半年間かけてドラマから映画まで作りました。みんなと過ごした時間、仲の良さが映像に詰まっていると思いますので、ぜひ楽しんで見ていただけたらと思います。

—本当に仲が良くチームワークがばっちりだと伺っています。そして、皆さんで集まるのは久しぶりだとか。

(窪田さん) 久しぶりだとは思えないくらい、そこ(待機する舞台袖)でみんな、ずーっとしゃべっていました。入ってきた時に、(本田さんに)あなたが一番すごかったよ。うれしさが出まくっていたよ(笑)!

(本田さん) そうでしたか(笑)? 今日は遠藤さんがMAXだなって感じがしましたが。

(遠藤さん) ありがとうございます。久しぶりに会ってうれしくなっちゃってね(笑)。扉の向こう側を見せたかったね。

(八嶋さん) それは撮影の時もそうですからね。ギリギリまでワーッと騒いでいて「よーい、スタート!」みたいな。それが今から(スクリーンで)流れますからね。笑ってやってください。

窪田正孝さん

—本作にちなみ、「最近発見したこと」「本作の撮影中に発見したこと」を教えてください。

(窪田さん) 最近発見したこと何かなあ…。家で観葉植物を育てているのですが、植物に話しかけると花が早く開くってことかな?

(遠藤さん) すてきエピソード!

(窪田さん) 本当なんですよ。「ありがとう」とか「おはよう」とかポジティブな言葉をかけていたら、2つ大きな花がバサッと1週間で咲いたんです。

(本田さん) 声かけなかったら10日くらいかかっていたってこと?

(窪田さん) それはちょっと分からないけれど…(笑)。ちゃんと話しかけてあげると喜んで育つから、皆さん、家に植物があったらぜひ!

(本田さん) 私は日々、発見の連続ですからね。毎日スムージーを飲むと朝が気持ち良いですし、寝る前にソファのクッションをちょっとポンポンと直してあげると、次の日起きた時に「部屋キレイだな」って発見がありますし…。そんなところですかね。

(八嶋さん) 日々の小さいことの積み重ね、その連続が大事だってことですね?

(本田さん) 小さい発見!(フォローを)ありがとうございます!

本田翼さん

—広瀬さんはありますか?

(広瀬さん) 発見したことは、このメンバーってめちゃくちゃ仲良しなんですよ。現場の前室でもこのテンションで、これよりもっと騒いでいますよね。でもめちゃくちゃ面白いけれど、これをはたから見ると全然面白くないという(苦笑)。
(登壇者の皆さん爆笑)

(広瀬さん) 全く知らない人から見たら、何が何だか…。

(窪田さん) (客席に向かって)ちょっと皆さん、置き去りにされていたりしますか? 大丈夫ですか?

(八嶋さん) 「大丈夫じゃない」って方、手を挙げていただけますか?(客席の反応から)それはないみたいですよ!

(山口さん) 私は、客席に「紗弥加ちゃん」ってキラキラのカードを持っている方を見つけて、ちょっと泣きそうになっています。すみません私事で…。ありがとうございます! 今発見して、ちょっと感動しています。

(浜野さん) 僕はこの間、泊まりのロケに行った時に面白いことあったので、帰ってきてから家族でロイヤルホストに行って「こんなことあったんだよ!」って話をしていたら、妻がなんか「うん…うん…」って感じで。気づいたら僕、自分の話ばかりしていて、妻の話を全然聞いていなかったことに気づきました。

(矢野さん) 浜野さんは、奥さんのこと大好きなんですよね。だからとりあえず、楽しいことを報告したいんだよね? 僕の発見は、せっかくなので今日来れなかった丸山(智己)さんのことを。丸山さんは、あんなに身長が高くてスマートで料理上手なパパですが、天然なところがあることに気づきました。本番中に胸ポケットに駄菓子を入れたまま撮影しちゃうということがありまして。でもそれには、山口さんが関与しているといううわさもあります。

(山口さん) いやいや(笑)。それは、窪田さんが差し入れで駄菓子屋さんを開いてくださった時に、すごくたくさんの種類があったので丸山さんの気持ちも上がっていて、「どれを子どものお土産にしようかな」と言うので、「これとこれが、いいんじゃない?」って胸ポケットに私がひょいっと入れたらそのまま本番に行っちゃって…。すみませんでした(苦笑)。

遠藤憲一さんと広瀬アリスさん

—最後に窪田さんからメッセージを。

(窪田さん) ドラマ版の「シーズン1」の頃から応援してくださったファンの皆さんのおかげで映画まで到達できたと思っています。関わったスタッフさん、キャストも一体となって作り上げてきましたが、それも見てくださった皆さんの反応がなかったら、みんなで劇場に来ることもできませんでした。コロナ禍で映画館がすごく寂しい場所になっているのも事実です。
みんなでこうやって一つの映画、同じコンテンツを見て笑い合ったりすることが映画ファンとしてもすごくうれしいことなので、「劇場版ラジエーションハウス」を見ていただいて、懐かしい気持ちだったり、お互いにマスクなしで顔を見合ったり、話していたりした時間を少しでも振り返ってみてもらえたらうれしいです。ワチャワチャした時間でしたが今日はありがとうございました。

あわせて読みたい
【ファンファン福岡のお仕事図鑑】診療放射線技師の仕事について、実際に聞いてみた! ファンファン福岡編集部がさまざまな仕事をする人を訪ねる「お仕事図鑑」シリーズ。今回は番外編で、宗像水光会総合病院の放射線技師 髙橋寛敏さんを紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる