キャナルアクアパノラマの新作は“ONE PIECE ワノ国編”!

 キャナルシティ博多(福岡市博多区)の夜間映像ショー「キャナルアクアパノラマ」。11月14日(土)からお目見えする第11弾は、これまでに2作品を上演した「ONE PIECE WATER SPECTACLE (ワンピースウォータースペクタクル)」シリーズの3作目、「ONE PIECE WATER SPECTACLE 3 ワノ国編」です。「和」のテーストに演出されたプロジェクションマッピングとアニメのド派手なコラボレーションをお楽しみに!

目次

TV アニメで人気の主題歌を「ワノ国」風にアレンジ

出典:(c)尾⽥栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 「キャナルアクアパノラマ」はプロジェクションマッピングや噴水、音響を組み合わせたショーで2016年11月から今年10月までに10作品が上演されています。  敷地内のホテル「グランド ハイアット 福岡」の建物壁面およびガラス面に約2,500インチ相当のプロジェクション映像を映し出し、照明や音響設備もコンサートホール並み、そのスクリーンを彩る7種類の噴水がアトラクションを盛り上げます。

 今回の作品の舞台は「ワノ国」。テレビアニメ「ONE PIECE」の人気主題歌を「ワノ国」風に和楽器アレンジした数曲にのせて、“⻨わらの一味”が大迫力で映し出され、リズミカルに躍動します。ド派手な中にも、美しい和の要素がふんだんに散りばめられた、華やかなプロジェクションマッピング、噴水、光の共演は必⾒です。

出典:(c)尾⽥栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

<「ONE PIECE WATER SPECTACLE」シリーズ> 1作目:2016年11月、キャナルアクアパノラマ第1弾として上演。登場する全てのキャラクターの技(動き)に水・光・音が連動し、「ONE PIECE」の戦いの名場面を再現。 2作目:2017年11月に上演。第1作とは雰囲気を変え、ファンタジーで色鮮やかな描写と、第1作では出てこなかったキャラクターも登場し、美しく華やかな演出に。

出典:(c)尾⽥栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ONE PIECE WATER SPECTACLE 3 ワノ国編

期間:11月14日(土)〜終了日未定 時間:時期によって異なる ※11月14日(土)、15日(日)は18:00〜21:00(毎時00分、30分 計7回公演)

キャナルイルミネーション2020

出典:キャナルシティ博多

 アクアパノラマ第11弾の公開に合わせ、キャナルシティ博多館内のイルミネーション点灯も11月14日(土)に開始されます。  今年は作品の世界観である「和」の要素を取り入れた空間やフォトスポット新設を中心に、光いっぱいの世界が館内に展開されます。

 作中に登場する「桜吹雪の中で戦うルフィ」が、約3mの巨⼤エア・バルーンになって登場します。また、人気キャラクター「チョッパー」の⽴像が設置され、作中のシーンを思わせる空間も演出。それぞれ周辺には桜のイルミネーションやミラーボール、和傘等が設置され、「ワノ国」の世界観が表現されます。

出典:キャナルシティ博多

 木に飾られたオーナメントが幻想的に輝く「知識の木」エリアや、南北に流れる⻑さ約180mの運河が光で埋め尽くされた「光の川」が館内をゴージャスに彩ります。

出典:キャナルシティ博多

 横3.5m、高さ2.8mの天使の羽「光の天使」が登場。地下1階のムーンウォークから、サンプラザステージを背にすると、天使の翼が生えたような写真を撮ることができます。

出典:キャナルシティ博多
出典:キャナルシティ博多

 輝くツリー型の巨⼤噴水「アクアツリー」は、各ショーの間に出現。  地下1階のスターコートからサンプラザステージに続く道(ムーンウォーク)をゴールドに照らし出す「光のゲート」も通ってみたいですね。

出典:キャナルシティ博多

キャナルイルミネーション2020

日時:11月14日(土)〜2021年2月14日(日) 17:00〜24:00 ※11月14日(土)は18:00頃より冬季イルミネーション点灯スタート

キャナルシティ博多

場所:福岡市博多区住吉1-2 問い合わせ:キャナルシティ博多情報サービスセンター 電話:092-282-2525

キャナルシティ博多公式サイト

施設名:キャナルシティ博多
住所:福岡県福岡市博多区住吉1-2
営業時間:10:00〜21:00
定休日:なし

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる