豚肉のお弁当レシピ5選! 隙間を埋める「単品おかず」や彩りキレイな「メインおかず」

本記事では、豚肉の調理方法や冷凍保存のコツをはじめ、忙しい朝にもさっと作れる豚肉レシピを紹介します。事前の下準備でお弁当作りを楽にしたい人必見! 今回紹介するのは、お弁当に入れるおかずとして活躍する豚肉レシピが盛りだくさんです。豚肉の簡単レシピで楽にお弁当作りをしてみませんか。

目次

豚肉は「下味をつける」のがおすすめ! 

フライパンで焼くだけの簡単調理

豚肉は事前に下味をつけておくことで焼くだけで調理が完結します。スーパーで買ったその日に下味をつけておけばいつでも調理が楽になります。好きな味付けで何種類か下味をつけておくと、豚肉料理のレパートリーが増えて楽しめますよ。

冷凍保存することで味が染み込みやすくなる

下味をつけた豚肉を冷凍保存することで、豚肉に味がしっかりなじんでよりおいしい炒め物に仕上がります。炒めた豚肉をご飯と組み合わせて丼物にしたり、野菜と組み合わせて野菜炒めにするもよし。さまざまなアレンジができるので下味冷凍はとてもおすすめですよ。

下味をつけた豚肉のお弁当おかず!  豚肉レシピ5選

お弁当レシピ(1)生姜焼き

生姜焼き
出典:合同会社HITOOMOI
豚の生姜焼きがお弁当カップに入った画像
出典:合同会社HITOOMOI
豚の生姜焼きは調味料と一緒に保存袋に入れておくと便利
出典:合同会社HITOOMOI

作り方は、全ての材料を保存袋に入れて下味をつけるだけ。お弁当に入れる際はフライパンで焼くだけなので簡単に調理ができます。下味の便利さを知ってしまったらハマってしまうかも?

「生姜焼き」の材料(お弁当カップ8個分)

  • 豚こま切れ肉      :400g
  • 玉ねぎ         :1個
  • 酒          :大さじ2
  • みりん        :大さじ1
  • 砂糖         :大さじ1
  • しょうゆ       :大さじ4
  • おろし生姜      :大さじ2
  • ごま油        :大さじ1

「生姜焼き」の保存期間(目安)

・冷蔵保存の場合…3日
・冷凍保存の場合…3週間

お弁当レシピ(2)豚肉と豆苗の香味野菜炒め

豚肉と豆苗の香味野菜炒めの画像
出典:合同会社HITOOMOI
豚肉と豆苗の香味野菜炒めがお弁当カップに入っている画像
出典:合同会社HITOOMOI

(1)の生姜焼きに豆苗を加えて香味野菜の炒め物にアレンジ! 豆苗はすぐに火が通るのでさっと炒めるだけでOK。下味をつけた豚肉に緑色が加わり、彩りの良い香味野菜炒めに変身しますよ。

「豚肉と豆苗の香味野菜炒め」の材料(お弁当カップ10個分)

  • 豚こま切れ肉      :400g
  • 豆苗          :1袋
  • 玉ねぎ         :1個
  • サラダ油        :大さじ1
  • 酒          :大さじ2
  • みりん        :大さじ1
  • 砂糖         :大さじ1
  • しょうゆ       :大さじ4
  • おろし生姜      :大さじ2
  • ごま油        :大さじ1

「豚肉と豆苗の香味野菜炒め」の保存期間(目安)

・冷蔵保存の場合…3日
・冷凍保存の場合…3週間

お弁当レシピ(3)生姜焼きのライスバーガー

下味をつけた生姜焼きを炒めてライスバーガーにしてみませんか? 味がよく染み込んだ豚肉を使うことで後から味を足さなくても十分おいしくできます。ちょっと気合を入れてお弁当を作ってみようと思った時にぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

お弁当レシピ(4)生姜焼きうどん

たまにはお弁当でうどんメニューを作ってみませんか? こちらは(1)の下味をつけた生姜焼きとうどんをフライパンで炒めるだけの簡単レシピです。ご飯のお弁当に飽きてしまった時は、麺類に挑戦してみると良いかもしれないですね。

お弁当レシピ​​(5)生姜焼き混ぜご飯

炊いたご飯に(1)の生姜焼きを混ぜ込むだけで完成! 炊き込みご飯を作るのは少しハードルが高いように感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、このレシピは生姜焼きを混ぜ込むだけなので簡単にできますよ。

豚肉は下味冷凍で便利に活用しよう

豚肉に下味をつけておくことでさまざまな料理に活用することができます。さらに、冷凍保存をすると味がよく染み込んでよりおいしく仕上がるので、たくさんストックしておくのがおすすめですよ。ぜひ参考にしてみてください。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

2019年1月に設立したフードコーディネーターと管理栄養士が在籍する料理研究家の会社。レシピの企画・開発から撮影、スタイリング、栄養計算、商品開発を中心に事業を行う。ミッションは、「好きな人を想う手作り料理で幸せな食卓づくりを。」

目次
閉じる