【白湯で美肌ってホント?】白湯の習慣がもたらす美肌効果とは

 長年の肌トラブルを克服した美容ライター、餅キナコです! みなさんは、美容法としての「白湯(さゆ)」をご存知ですか? 女優やモデルたちの間でも、美肌のために白湯を飲んでいるという方はよく見かけますよね。そんな筆者も、実は長年「白湯習慣」を続けているひとり。それほど、白湯は人気のある美容法でもあります。まだ白湯を知らない方も、白湯の美肌効果を知ってしまうと「白湯習慣」を始めずにはいられないかも…!?

目次

今さら聞けない「白湯」の正体とは?

写真AC

「白湯が健康や美肌に良い」とは聞いたことがあるものの、「…ところで白湯って一体なに?」と、実は白湯の正体を知らない方も多いはず。

 白湯とは「水を煮沸したお湯」で、いわゆる湯冷ましのこと。いたってシンプルな飲み物ですが、ただのお湯とあなどってはいけません。

 水をしっかり煮沸して完成した白湯は、混じりっけがなく飲みやすさもバツグン。体にも受け入れられやすい飲み物なので、美容面や健康面においても「手軽で優秀な美容ドリンク」となっています。

白湯がもたらす「美肌効果」が知りたい!

 「でも、ただのお湯なのにどうして美肌に良いの?」というギモンがわいてきますよね。ここからは、白湯がもたらす美肌効果をチェックしていきましょう。

冷え性改善で健康美人に

 多くの女性たちが悩んでいる「冷え性」。冷え性はシミ・シワ・くすみを引き起こすなど、実は美肌にとっても大敵なのです。そんな冷え性の救世主となるのが「白湯」です。温かい白湯を体に巡らせることで、内臓がじんわりと温まり体の芯からポカポカに。

 体が温まると新陳代謝もアップするので、冷え性の改善や肌のターンオーバーの正常化など、健康だけでなく美肌にも期待できます。

デトックス効果で体スッキリ

写真AC

 白湯のポイントでもあるのが、「デトックス効果」です。白湯で内臓が温まると、内臓の働きが活発化し便秘の改善や利尿作用に働きかけます。

 便秘の改善や利尿作用によって、体の中の老廃物(不要なゴミ)が排出されますよね。このデトックス効果こそが、美肌につながるとされています。

 混じりっけのないキレイな白湯で、体の中の老廃物を洗い流すイメージで白湯を飲んでみましょう。

白湯の作り方・飲み方のポイントは?

写真AC

 それでは、肝心な「白湯の作り方」をチェックしていきましょう。ただのお湯と思われがちな白湯ですが、実は作り方に少しだけコツが必要です。

(1)やかんに水を入れ、強火で沸騰させます。

(2)沸騰したら、弱火にして10分ほど煮沸をしましょう。このとき、カルキ臭を抑えるためにもやかんのフタを取ってグツグツと煮沸するのがポイント。「沸騰させる→フタを開けて10分ほど煮沸する」という手順がポイントなので、電気ポット・電気ケトルよりもやかんがオススメです。

(3)煮沸が完了したら、少し熱めの50℃ほどの温度になるまで冷まします。

 ただ単に水を温めるだけでなく、しっかりと煮沸をすることで不純物の抜けた混じりっけのない白湯が完成します。口あたりもなめらかな飲み心地なので、きっとカラダも喜ぶこと間違いナシ。

 白湯を飲むときは、一気に飲み干すのではなく時間をかけて、体の中を白湯がやさしく巡るイメージでじっくりと飲みましょう。

白湯を飲むタイミングは?

 白湯を飲む一番良いタイミング、それは「朝起きたて」です。

 私たちの体は、朝起きたてが一番低体温となっています。そんな朝の体に温かい白湯を入れることで、じんわりと内臓が温まり新陳代謝や消化機能のアップにつながります。

 夜なら、寝る前の白湯がオススメ。カフェインが入っていない温かい白湯を体に入れると、リラックス効果でぐっすりとした眠りをサポートします。

 たくさん飲むとむくみなどの原因となるので、一日にコップに三杯程度を目安にしましょう。

白湯で美肌習慣を初めてみませんか?

写真AC

 水を煮沸して冷ましたお湯を飲むという、なんとも手軽な美容法の「白湯」。シンプルかつ費用もほとんどかからないにも関わらず、これほどまで美肌や健康に良いなんて… 今すぐトライしなければ損だと思いませんか? 面倒くさがりな方も、ぜひ手軽な「白湯習慣」を取り入れて体の変化を感じ取ってみてくださいね。

(ファンファン福岡公式美容ライター/餅キナコ)

あわせて読みたい
今年こそ脱手荒れ!家事で気をつけるべき手荒れを防ぐポイントとは? 長年の肌トラブルを克服した美容ライター、餅キナコです! 毎年しつこく繰り返すお悩みといえば、“手荒れ”ですよね。とくに冬の家事では、乾燥で手荒れが悪化する方も多いはず。家事の最中に指がパカっと切れて、思わず「イタッ!」と涙することも…。かといって、家事をすべて投げ出すわけにもいきません。  そこで大切なのは、“これ以上手荒れを悪化させない工夫”です。「今年こそ脱手荒れ!」を目指して、家事で気をつけるべきポイントをチェックしていきましょう。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる