九州国立博物館だより【5月・6月号】<PR>

 「九州国立博物館」(福岡県太宰府市)の特別展「北斎」は5月17日(火)からいよいよ後期展示が始まります。そこで今月の「九州国立博物館だより」は、「北斎」の見どころや特集展示の情報などをお届けします。

目次

【特別展】「北斎」 <3F>

会期:開催中~6月12日(日)
会場:3階特別展示室
観覧料:一般1,800円、高大生1,000円、小中生600円
※5月17日(火)から後期展示

「肉筆画」をキーワードに北斎の絵画世界を紹介

 日本が世界に誇る浮世絵師・葛飾北斎は、浮世絵版画だけでなく、素晴らしい「肉筆画」をたくさん残しました。本展では、「肉筆画」をキーワードに、その傑作の数々をご紹介します。北斎の想像力あふれる絵画世界を心ゆくまでお楽しみください!

■重要文化財「日新除魔図(宮本家本)」

 北斎が日々描いた219枚を一挙公開。ユーモラスな獅子の姿に思わずほっこりします。

(6月2日の作品)
(5月12日の作品)

葛飾北斎
江戸時代・天保13~14年(1842~43)
九州国立博物館(坂本五郎氏寄贈)
[展示期間:通期]
画像提供:九州国立博物館

九州初公開の傑作も

■長野県宝「鳳凰図・龍図」(東町祭屋台天井絵)

 北斎入魂の傑作、九州初公開です。

葛飾北斎
江戸時代・弘化元年(天保15年・1844)
長野・小布施町東町自治会
[展示期間:通期]
画像提供:九州国立博物館

↓↓ 特別展のチケットは ARTNEチケットオンラインで販売中! ↓↓

【特集展示】「かわいい考古学のススメ」 <4F>

 2015年度から5年間活動してきたきゅーはく女子考古部。本展では、きゅーはく女子考古部が選ぶ「かわいい」考古資料を展示し、新たな考古学の楽しみ方を提案します!

会期:開催中~7月24日(日)
会場:4階文化交流展示室 第3室

部員オリジナルのキャッチフレーズに注目

 会場内の作品解説は、なんときゅーはく女子考古部員が書いています。考古学に興味のない方も楽しめるはずです。 例えば、馬形埴輪のキャッチフレーズは…「全方位撮影問題無し 最強アイドル」。

■馬形埴輪

古墳時代・6世紀
九州国立博物館
画像提供:九州国立博物館

会場全体をデコレーション!

 展示ケースや壁を装飾してわくわくする会場を作りあげています。
 おしゃれなデザインでケースもおめかし♡

画像提供:九州国立博物館

 チラシもこだわってます♪

画像提供:九州国立博物館

「新収品展」 <4F>

 新たな収蔵品をご紹介する毎年恒例の「新収品展」。今年は、令和3年度(2021)に購入、またはご寄贈いただいた収蔵品の一部を初公開します。

■装飾法華経薬王品断簡

 平安の美意識を伝える装飾写経です。

平安時代・12世紀
九州国立博物館
画像提供:九州国立博物館

■キノコ形土製品

 縄文人の大好物!?

青森県むつ市田名部 品ノ木出土
縄文時代・4,000~3,000年前
九州国立博物館
画像提供:九州国立博物館

九州国立博物館

住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2(太宰府天満宮横)
営業:9:30~17:00(入館は16:30まで)
※夜間開館の実施については公式ページでご確認ください。
休館:月曜(月曜が祝日・休日の場合は翌日)
電話:050-5542-8600(NTTハローダイヤル 9:00~20:00)

提供:九州国立博物館

目次
閉じる