冬のウイルス感染と肌荒れ対策【Dr.りわのエン女医!マイライフ】

 例年だと本格的にインフルエンザの流行が始まる時季ですが、今年はそれに新型コロナウイルス感染症も加わり、感染対策としてのマスク生活は終わる気配がありません。

目次

本質的な対策は「健康で強い体をつくること」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 今年は、マスク着用で起こる肌荒れに関する取材を何度も受けました。ウイルスの感染症予防も、マスクによる肌荒れ予防も、本質的な対策は「健康で強い体をつくること」に尽きます。

出典:photoAC

●ウイルスを粘膜で阻止し、細胞内へ侵入させない<未感染> ●それでも侵入してきたウイルスと闘い(=免疫)、負けない・増殖させない<感染未発症> ●感染してしまったら、ウイルスを早く排除し、炎症を長引かせない<発症軽症> ●マスクで蒸れても、冬の外気やエアコンで乾燥しても、角層バリアを壊さず肌に炎症を起こさせない<健康美肌>  こうした、本来人に備わっている防御システムを正常に稼働させるために必要なのが「栄養」「睡眠」「良好な腸内環境」。栄養素の不足は睡眠の質を下げ、腸粘膜の状態を悪化させ、消化不良によりさらなる栄養素の不足を招きます。  つまり、感染症も肌荒れも、予防の第一歩は食事から。大切なのは「バランスのいい食事」ではなく、必要な栄養素を十分に取れる、ある意味で「偏った食事」。具体的にいえば、タンパク質、ビタミンA、B、C、D、亜鉛、鉄で、ほとんどの日本人はこれらが深刻に不足しています。  魚、肉、卵、大豆、野菜をたくさん食べる、みそや納豆、漬物といった発酵食品を毎日食べる、主食は玄米を少し、パンや砂糖はなるべく控え、乳製品は少なめの食生活を。 Enjoy! Healthy Winter Season!

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

武田りわ

福岡市城南区梅林にある「タケダビューティークリニック」院長。 お酒と旅と家族をこよなく愛する皮膚科医・美容皮膚科医。 美容医療と漢方、オーソモレキュラー医学(栄養療法)を取り入れた統合治療に注力。

ボディの黒ずみ・ざらつきケア【Dr.りわのエン女医!マイライフ】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる