【福岡県糸島市】保護犬の保護施設「Club31」がオープン!

 保護犬の保護施設「Club31(クラブサーティーワン)」が5月10日、福岡県糸島市にオープン。犬1匹に対して最大31人の家族(サポーター)で支援する保護犬の保護施設で、現在家族(サポーター)を募集しています。また、同施設にはカフェスペース「1’s Cafe(ワンズカフェ)」も併設。家族(サポーター)でない人も利用でき、愛犬と一緒に訪れることも可能です。

提供:MGGs Partners
目次

保護犬の保護施設「Club31」がオープン

提供:MGGs Partners

画像:施設外観

 「Club31」とは、飼い主のいない犬たちを保護する保護施設。福岡県糸島市にある深江ビーチ沿いに隣接し、ドッグランやカフェスペースも併設されています。

 同施設では、犬1匹に対して最大31人の家族(サポーター)を募集し、支援を呼びかけています。保護犬に月に1度でも会いに来てもらうことで、保護犬たちが毎日家族(サポーター)と過ごす時間ができるようになります。

提供:MGGs Partners

画像:施設外 海側の様子

提供:MGGs Partners

画像:目の前に海が広がるドッグラン

 施設の中には、家族(サポーター)限定で利用できる専用ラウンジも用意。支援する保護犬たちと触れ合うことができ、スキンシップをとることで犬との信頼関係を深めることができます。あなたの匂いや声、姿を覚えてくれたら嬉しいですよね♪

提供:MGGs Partners

画像:サポーター専用ラウンジ

 また、同施設では、さまざまな理由(高齢・入院など)で飼育を続けることが困難な人に向けた個別相談も実施されています。まずは気軽に相談してみてはいかがでしょう。

カフェスペース「1’s Cafe」も併設!

提供:MGGs Partners

画像:カフェ内観

 「Club31」に併設されている「1’s Cafe」は、家族(サポーター)ではない人でも利用できます。

提供:MGGs Partners

画像:ワッフル(いちご×ホイップ×チョコ)

 同店のオススメは、オートミールやオーツミルクを使用したオーガニックワッフル(900円〜)。いちごは博多あまおうを使用し、博多から取り寄せた明太子や長崎の雲仙ハムなど、九州素材を生かしたメニューが展開されています。その他フルーツスムージー(600円〜)や、各種ドリンクも販売中。

 また、収益は全て保護犬の保護活動費に充てられるとか。糸島へ遊びに行った際は、ぜひ気軽に立ち寄ってみてはいかが?

Club31

オープン日:5月10日
住所:福岡県糸島市二丈福井6064-1
問い合わせ:club31scafe@gmail.com
※駐車場10台あり(無料)

<1’s Cafe>
住所:同上
営業時間:11:30~日没まで
定休日:月曜日

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる