映画「炎の少女チャーリー」6/17(金)公開!

 「透明人間」のブラムハウス・プロダクションズが新たな解釈でおくる、スティーヴン・キングの名作スリラー「炎の少女チャーリー」が6月17日(金)から全国公開。パイロキネシス能力を持つ少女チャーリーが、力を悪用しようとする邪悪な組織から、家族と自身を守ろうとする物語です。

© 2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
目次

Story&Introduction

その能力は、神か悪魔か?
 アンディ(ザック・エフロン)とヴィッキー(シドニー・レモン)には、生まれながらに不思議な能力を持つチャーリー(ライアン・キーラ・アームストロング)という娘がいた。彼女が成長するにつれ、その能力は覚醒し始め、多感な10代を迎える頃には、感情の揺らぎに呼応するようにチャーリー自身もコントロールできないパワーへと変化していた。

 父親アンディはその能力を懸命に隠し続けようとしたが、政府の秘密組織“ザ・ショップ”はついにチャーリーの存在に気づき、軍事利用しようとスパイを差し向ける。逃亡する親子と追跡する工作員。かくして、チャーリーの特殊能力と秘密組織の壮絶なバトルが繰り広げられるのだった―。

映画「炎の少女チャーリー」

 本作の楽曲は、伝説のジョン・カーペンター(「ハロウィン」「クリスティーン」「ザ・フォッグ」)と、「ハロウィン」シリーズで共同作業をしたコディ・カーペンターとダニエル・デイヴィスが作曲を手掛けています。

 スティーヴン・キング原作、スコット・ティームスの脚本をキース・トーマスが監督し、「ザ・ヴィジル~夜伽~」、「ハロウィンKILLS」、「透明人間」のジェイソン・ブラムがブラムハウス・プロダクションズで、アカデミー賞®受賞者のアキバ・ゴールズマンがウィードロード・ピクチャーズで製作しています。

出演: ザック・エフロン、ライアン・キーラ・アームストロング、シドニー・レモン、カートウッド・スミス、ジョン・ビーズリー、マイケル・グレイアイズ、グロリア・ルーベン 
監督: キース・トーマス 
原作: スティーヴン・キング 
6月17日(金)全国ロードショー  上映時間:1時間34分

© 2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる