いつものドッグフードがご馳走に「ささみ&おからのふりかけ」

 犬の管理栄養士・村田幸音です。自分で食事を選べない犬たちが健康で元気に暮らしてゆけるように、犬ごはんのアドバイスや飼い主さんのつくれる簡単なレシピをご紹介しています。今回は、いつものドッグフードにササッとかけるとご馳走に大変身する「ささみ&おからのふりかけ」をご紹介します。

目次

「ささみ&おからのふりかけ」の作り方

村田幸音

 手作りごはんもいいけれど、忙しい時はちょっと大変、正直ちょっと面倒くさいなという日もありますよね。自分の食事も惣菜ですませたいという日には、愛犬メニューもドッグフードがおすすめです。とはいえ、せっかくなのでひと工夫してみましょう。

材料

村田幸音

・ささみ…… 1本
・ドライおから…… 10g

作り方

(1)ささみを茹でます

(2)茹で上がったささみを細かくほぐします。食感を残したい時は大きめに、市販のふりかけのように細かくしたい時は、フードプロセッサーを使うとよいでしょう。※ささみの筋は取り除かなくても大丈夫です。

村田幸音

(3)熱したフライパンに(2)を入れて、じっくり弱火で炒めます(油は使いません)

(4)焦げつかないようにかき混ぜながら、5分〜10分程度炒めます。水気が飛んでパラパラになったら出来上がり。

(5)大きめにほぐした場合で水気が残ってしまう時は、レンジで数秒〜数十秒ほど加熱します。焦げないように様子をみながら加熱しましょう。

(6)荒熱をとったらできあがり!

WANポイントアドバイス

・ふりかけは、密封容器にいれて冷蔵庫で保管。1週間以内に食べ切ってください。

・仕上げにゴマを入れてもOK!水気がなくなった後に入れて、1分程度炒めましょう。
・ふりかけだけ食べてドッグフードを残してしまう犬に与える時は、最初にしっかりフードと混ぜ合わせてから与えましょう。

・ささみのサイズを細かいものと大きめのものを混ぜると、食感が変わって愛犬も楽しめます。

ふりかけは与える量に注意!

写真AC

 今回のレシピは、おからを使っているため低カロリーです。おからは腹持ちもよく、食物繊維も豊富なため、ダイエット中の犬にも安心して与えられます。

 「ささみ&おからのふりかけ」のカロリーは、大さじ1杯で約12kcalです。もしも、ふりかけをたっぷりと使う時はドッグフードの量を減らすのを忘れずに。ドッグフードの袋の裏にフードのカロリーが表示されているので、ふりかけのカロリー分を引いた分量を与えてくださいね。

 ふりかけは、おからを使わずささみだけでも作れます。ただし、ささみはふりかけにすると、水分が飛んでかなり量が少なくなります。ついあげすぎてしまってカロリーオーバーにならないように注意してください。ささみ1本のカロリーは約45kcalです。

ワンコふりかけアレンジ・レシピ

写真AC

 今回はささみを使いましたが、ひき肉を使うとさらに簡単につくることができます。鶏肉以外(豚や牛・合い挽きなど)を使う場合は、湯通しして脂を落としてから炒めましょう。炒めている間に脂が出てきたら、キッチンペーパーで吸い取ってください。

写真AC

 お肉以外でも、サーモンやタラ、マグロなどのお魚もおすすめです。数種類を用意しておくと、毎日味を変えてあげられるので、おすすめです。魚でつくる時は、骨をしっかりと取りのぞいてあげましょう。

 手作り食を実践している飼い主さんも、まだ作ったことがないという飼い主さんも、ふりかけは気軽に準備できる常備菜です。ぜひ、挑戦してみてくださいね!
※犬によっては、特定の食材が合わないこともあります。はじめて与える食材は、ごく少量ずつ様子をみてあげるようにしましょう。

(ファンファン福岡公式ライター/村田幸音)

あわせて読みたい
お揃いメニューを楽しもう「ワンワン・カレー」 犬の管理栄養士・村田幸音です。自分で食事を選べない犬たちが健康で元気に暮らしてゆけるように、犬ごはんのアドバイスや飼い主さんのつくれる簡単なレシピをご紹介しています。  日本人の国民食とも呼ばれるカレー。みんな大好きなメニューですよね。飼い主さんの献立が「今夜はカレー」という日、愛犬も一緒にお揃いのメニューを用意してあげてみてはいかがでしょう。今回は、犬も食べられるワンワン・カレーをご紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる