父の日のプレゼントに一万円!? 義実家だけ優遇する旦那に激怒!

 現在、0歳の男の子を育てている30代主婦です。なにかと自分の家族を贔屓(ひいき)する旦那には、以前から不満を募らせていました。そんな旦那の考えは、父の日のプレゼントを決めるときにも。今回は父の日をきっかけに、私たち夫婦が大喧嘩したときのお話です。

目次

もうすぐ父の日

写真AC

 父の日を目前にしたある日の事。私は高校生の頃から、父の日にプレゼントを渡したことはありませんでした。母の日には母の好きなスイーツやお花を送るのですが、父の日は気恥ずかしい気持ちと何を渡せば喜ぶかわからないという理由から、いつも避けてしまっていたのです。

 そんな私も結婚して、改めて感謝の気持ちを伝えるために父の日に何か贈りたい、と思うようになりました。そこで、義父へ贈るプレゼントと合わせるためにも旦那へ相談することに。

 「父の日だけど、何を贈ろうかな?」
 「俺の父さんには、コーヒーメーカーを渡そうと思ってるよ。だいたい一万円くらい」 い、一万円!? その値段の高さに驚きました。

 そこまで奮発するの? と、正直思ってしまいました。いや、でも私が相場を知らないだけで、普通はそれくらいの金額を贈るのかも…。これまで父の日にちゃんとプレゼントを贈ったことがない私にとって、一万円という金額が世間的にズレているのかわからなかったのです。

 しかし結婚式を挙げたばかりの私たちにとって、一万円は大金です。正直とても迷いましたが、義両親からは結婚祝いや引っ越し祝いもいただき、これまでたくさんのサポートをしてもらっています。渋々了承することにしました。
 「じゃあ、お義父さんにはコーヒーメーカーね。私のお父さんにも、だいたい同じ値段のプレゼントを探しておくね」私がそう言うと
 「別に無理にあわせなくていいじゃん。お父さんお酒好きだし、おつまみセットとかでよくない?」旦那が指差したのは、あたりめやナッツが袋詰めになっている「三千円のギフトセット」でした。

旦那の自己中な発言に、大喧嘩!

 思い返せば、これまでも旦那の実家贔屓はありました。結婚顔合わせの日時や場所は義両親の希望が前提だったり、会社から沢山の果物をもらったら義実家へ配送しても私の実家へは送ろうとしないなど…。

 お義父さんには一万円のコーヒーメーカーで、私の父には三千円のおつまみセット。露骨すぎる金額の差にア然。また、旦那のさも当然かと言うような物言いにふつふつと怒りが込み上げてきました。

 「おかしいでしょ。父の日のプレゼントになんでそんな差を出すの?」
 「たまたまだろ。コーヒーメーカーは父さんは前から欲しがってたものだし」
 「じゃあ、私のお父さんにも同じ金額のプレゼントにするよ」
 「別に無理に合わせる必要ないだろ」
 「一万円と三千円って全然違うよ? 逆だったら嫌でしょ!?」言い争いはどんどんヒートアップ。なかなか折り合いが付かず、気が付けば1時間ほど経っていたかと思います。最終的に、お互いの父親に五千円のプレゼントを渡すことに落ち着きました。

これまでの態度にも言及

写真AC

 この父の日の件をきっかけに、これまでも義実家贔屓の発言や態度に私が嫌な気持ちを受けていたことを伝えました。旦那は全く自覚がなかったようで、私が傷ついてきていたことに心底驚いていました。
 「今まで気が付かなくてごめん」旦那から謝ってはもらいましたが、恐らく本質的にある考え方は変わらないでしょう。

 これからお互いの家族と関わるイベントの度に、旦那の偏った価値観に頭を悩まされるのだと思うと、この先が思いやられます… 。

(ファンファン福岡公式ライター / kinkuma@)

あわせて読みたい
父の日までハラハラドキドキ 息子のお手紙プロジェクト!  4歳と1歳の息子たちはパパが大好き! たまに怒られることもあるけれど、日頃から公園によく連れて行ってくれるパパ。何かプレゼントできないかなと上の子からの発案で「お手紙プロジェクト」が始動しますが… バレずに準備することができるのでしょうか?!
あわせて読みたい
嬉しいけれど、全てネタバレ! 息子からのかわいいお手紙  子どもが自分あてに書いてくれたお手紙は、どんな内容でも嬉しいものですよね。私も、長男が初めてお手紙をくれた時はとても感動したものですが… 実は、読む前に全て...
あわせて読みたい
【父の日】す、するどい! 息子の発言に私がタジタジになった話 わが家の4歳の息子が通う保育園では、各々の家庭事情に配慮してか、父の日だからといって特別に似顔絵を書いたり制作をすることはありません。私は息子に夫の似顔絵を描いてもらい、プレゼントしようと思い立ったのですが…。息子のするどい発言に、私がタジタジになる事態が発生したのです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる