“和漢洋才”がテーマ【薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-】

 薬院大通り駅から徒歩約5分、体に優しい薬膳鍋が味わえる「薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-」(福岡市中央区)が10月5日にオープンしました。

出典:薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-
出典:薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-

 同店の看板メニューは「食労寿(くろす)鍋」。その昔、中国の皇帝の食事を管理した「食医」の考え方や日本にも伝わる「医食同源」の考えを取り入れた“和漢洋才(わかんようさい)”という新しいコンセプトから考案した、オリジナルの薬膳鍋です。

出典:薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-

 スープは、フランス料理の技法を駆使して約12種類の野菜から取った「ブイヨン・ド・レギューム」をベースに、独自にブレンドした35種類以上の生薬や漢方、スパイス、ハーブ、そして丸鶏と豚足を加えてじっくり煮込んで作られています。フレンチのシェフが試作を重ねて開発したスープは、素材のうま味が凝縮された、まろやかな味わいです。

出典:薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-

 具材は、契約農園から届く新鮮な旬の野菜を千切りにした「ジュリエンヌ野菜」と、産地を訪れて厳選した銘柄豚のロース肉とバラ肉のスライスが用意され、スープにサッとくぐらせて食します。締めは豆腐や麺、玄米などから選ぶことができます。

出典:薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-

 午後9時まではコースのみを用意。コースは、九州の銘柄豚がメインの「食薬益寿コース」(1人前3,800円税別)、漢方三元豚がメインの「滋養論治コース」(1人前4,800円税別)、漢方三元豚と気仙沼フカヒレが味わえる「和漢陽明コース」(1人前6,300円税別)の3種類。  9時以降はアラカルトメニューやドリンクのみのオーダーもでき、2軒目として気軽に立ち寄ることができます。

出典:薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-

 ドリンクは17種もある薬酒(390円〜)をはじめ、オーガーニックワインやビオディナミワイン、薬酒マイスターである店長の石﨑正さん考案の薬酒カクテルなどが楽しめます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 テーブル席のほか、カウンター席もあり「お一人さまも大歓迎!」とか。仕事やジム帰りの女性客も多いといいます。温かい鍋が恋しくなるこれからの季節、体に優しい薬膳鍋でおいしく冬を乗り越えたいですね!

出典:薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-

薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross- クロス

住所:福岡市中央区薬院2-14-16 1階 電話:092-753-6329 営業:平日17:00〜24:00(L.O.23:00)、 土・日曜、祝日12:00〜15:00(L.O.14:00)、17:00〜24:00(L.O.23:00) 水、第1・3火曜休

薬膳ブイヨン鍋酒場 食労寿-cross-

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる