結婚したら夫が仕事を辞めました! 新婚半年で訪れた離婚危機!?

 私は30歳の時、8歳年上の男性と結婚。彼はサラリーマンでしたが、新居は新築マンション、家具家電もすべて新品で私は幸せいっぱい! けれど結婚して半年もたたずに、夫から衝撃発言「俺、仕事辞めるから」これは新婚半年で訪れた離婚危機の話です。

目次

幸せな新婚生活

写真AC

 結婚に焦り始めた30歳の時、知り合いに紹介されたのが8歳年上の夫でした。私は夫のことを、性格が穏やかでいつもリードしてくれる頼りがいのある人だと感じて、すぐに結婚を意識しました。

 そうなると話はとんとん拍子に進み、知り合って1年後、夫が契約していた新築マンションの完成に合わせて入籍。なんと新婚から新築マンション、家の中は新品の家具と家電でそろえられていたのです。夫は商社に勤めるサラリーマンで収入も安定、私は自分の給料は全てお小遣いになり「なんていい人と結婚したんだ」とまさに幸せいっぱいな新婚生活をスタートさせました。

夫から衝撃の告白

 新婚生活も半年が過ぎた頃、夕食後にのんびりしていると夫が
 「そうそう」と何気なく話し始めます。
 「俺、仕事辞めるから」

 「転職ってこと?」思いもよらない言葉に驚いて聞き返すと
 「会社勤めはもうしないよ」と夫。これはまさかの離婚危機では?

 意味が分からずそれから2時間、夫を質問攻めにしました。分かったのは、マンションは支払い済み、生活費は毎月50万くれる、子どもは早くほしい… など。

 実は、夫の生家は主要都市の一等地に土地を持つ資産家で、夫本人も土地や株を所有し、その資産で十分な収入を得ているということだったのです。結婚前には何も教えてくれなかったので、本当に驚きました。義実家も豪邸ではないし、義両親も夫も庶民的で、資産家だとは全く気付かなかったからです。

 その数日後、夫は本当に退職。代わりに私が
 「いってらっしゃい」と送り出される日々が始まりました。

私も仕事辞めたい!

写真AC

 それからの夫は読書や楽器演奏、釣りにゴルフにツーリング。自由な姿を見て、家事は私の担当でしたが「家にいるんならもう少しやってくれてもいいじゃない?」と初めて夫に対して不満が生まれたのです。

 そんな不満が
 「私も仕事辞めていい?」と口に出てしまったのは、2カ月が過ぎ、待望の第1子を妊娠した頃でした。子育ても増えるのだから当然、専業主婦に賛成してくれるものと思っての言葉でしたが、夫の答えは残念過ぎるもの。

 「仕事はやめてもいいけど、生活費は生活のためのものだから、君が自由に使えるお金じゃないよ?」当然と疑わない真顔の夫を見て、その時初めて夫の本性のようなものに気がつきました。その言葉通り、夫は自分が好きなことをするお金は、自己資産から捻出していたのです。

 ただの会社員だった私にはそんな優雅な暮らしができるほどの貯金などなく、それから2人出産しましたが育休を取得して仕事に復帰。結婚してそろそろ10年過ぎますが、相変わらず夫は好きなこと三昧、私は仕事と家事に追われる日々を過ごしています。

そんな男となぜ離婚しないのかって?

 夫は家事こそ出来ませんが、お金に困らない生活はさせてくれるし、なにより子ども達を可愛がる心の優しい人で、浮気を疑うような外出もなく、家ではいつもにこにこ私の愚痴に付き合ってくれます。

 お金の使い方には厳しいですが、ズボラな私にはちょうどいいと思えるくらい。結局夫のことを尊敬しているのでしょうね。

 お金はあるけどお小遣いはくれない家事も出来ない夫と、裕福ではないけれど家事育児を積極的にやってくれる夫。
皆さんならどちらを選びますか…?

(ファンファン福岡公式ライター / ましまろ)

あわせて読みたい
私の知らない通帳発見! 夫名義の中身とは…  交際1年で結婚を決めた私たち。お互いの預金はすべて開示。家計管理は私、夫はお小遣い制となりました。ところがある日、知らない銀行口座の存在が浮上。それは、夫の古い通帳。なぜ隠していたの? 
あわせて読みたい
里帰り中、夫の様子がおかしい 黙って家に帰ると驚愕の事実が発覚!  現在、3カ月の男の子を育てている新米ママです。妊娠中はつわりが酷く、家事や仕事が思うように出来ず落ち込む毎日でしたが、早めに実家へ里帰りしたことで、体調は落ち着いて一安心。しかし、しばらく経ってから夫の様子がおかしいことに気づいた私。様子を見るために夫に内緒で戻ってみると、家の中がトンデモない状態になっていたのです。
あわせて読みたい
2歳児が両親に的確なアドバイス? 夫のピンチを救った娘の助言とは  産後うつで精神的に余裕が無い私と、私のサポートをしていた夫。ある日、お互い体調が悪い中、夫婦喧嘩が勃発。泣き出した夫を救ってくれたのは2歳の娘の言葉でした。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる