女性の職場は恐ろしい! 新人保育士の恐怖体験とは…

 「女性が多い職場は恐ろしい」とはよく耳にしますが、それが真実だと思い知ったのは、保育士になって1年目のこと。先輩の指導が厳しく、私は毎日ヘトヘトでした。そんなある日の仕事終わり、更衣室で私が目撃した先輩たちの恐ろしい姿とは…。

目次

憧れの保育士になったけれど

写真AC

 いまから20年ほど前、子どもの頃からの夢を叶え、短大を卒業し保育園で働き始めた私は、すぐにその大変さを思い知りました。保育士の仕事量の多さは就職する前から覚悟の上でしたが、なによりも驚いたのが「先輩たちの厳しさ」だったのです。職場は女性ばかりで、ほとんどが20代でした。
 「先輩よりも先に動け」
 「メモるな覚えろ」
 「指示される前に聞きに来い」

 入職初日にバリバリの体育会系ルールを教わり、同期全員で朝一番に出勤して掃除。保育中は、
 「声が小さい」
 「あと5分で終わらせて」など、いつ先輩からの指示や注意が飛んでくるかと緊張しっぱなし。

 予想以上にハードな日々でしたが、担当の子どもたちは可愛くて、「先生」と呼ばれることに喜びを感じ、まずは1年間、頑張ってみようと日々奮闘していました。

先輩が怖すぎる

 そんな新人生活も3カ月が過ぎた、ある仕事終わりのこと。なんとか無事に1日を終え更衣室に向かい、扉の前に立った時です。

 更衣室の中から話し声が聞こえて、私はピタリと立ち止まりました。「先輩が中にいる」そう気づいてしまっては、先輩たちと顔を合わせるのが恐ろしくて、もう入ることは出来ません。

 すると、更衣室の中から、3人くらいの話し声がひそひそと聞こえてきました。
 「A先生、今日もギリギリの出勤だったんだけど」
 「しかもA先生、外遊び中ずっと日陰にいたし」
 「自分は座ったままで指示ばっかり!」 なんと、先輩たちが口々に、A先生の悪口を言い合っていたのです。

 A先生は勤続30年のベテラン保育士です。まだ就職して間もない私でも「これは誰かに聞かれてはまずい」と感じて、誰も来ないようにと必死に願いました。数分後そんな願いもむなしく、更衣室に近づいてくる足音がしたのです。

 しかもなんと、現れたのはA先生! 驚きすぎて、
 「A先生! お疲れ様です!」と思わず大声で言ってしまった私に、A先生は、
 「なにしてるの? 早く帰ってよ」と言いながら、私の背中を押して一緒に更衣室に入りました。

写真AC


 すると更衣室にいた先輩たちは一斉に
 「お疲れ様です~!」と、笑顔で挨拶。さらに次々に
 「そのスカートお洒落ですね」
 「肌いつもきれいですね」と、A先生を褒め称えはじめたのです。
 
 A先生も自分が悪口を言われていたなんて、全く気付いていないようで、スカートのブランド名や、化粧品の話を嬉しそうにし始めました。

 先輩たちの豹変ぶりに「さっきまでの悪口はどうした!?」と内心ドキドキが止まらず、私は大急ぎで着替え、まっすぐ帰宅。「女性の怖さってこういうことか」と、新人の私が悟った瞬間でした。

人間関係って難しい!

 結局その園では、10年間働きました。
 若い間は先輩に嫌われないようにがむしゃらに動き、自分が先輩になってからは後輩たちを厳しく指導しながらも、悪口を言われないように自分の行動にも気を付けていました。
 常に周りの目を気にしながらの職場は、やはり独特の緊張感があったと、保育士を辞めて10年以上過ぎた今でも感じます。

 でもこれは会社や学校、人が集まるところならどこでも、あり得ることなのかもしれません。人間関係にストレスを感じながらの日々、皆さん本当にお疲れ様です。

 明日も良い一日になりますように。

(ファンファン福岡公式ライター / ましまろ)

あわせて読みたい
現役保育士に聞く! 「いい保育園」の見分け方とは 「保育園が足りない!」も今は昔。定員割れが増えてきた保育園業界で、園児の獲得競争が始まっています。保育士の友人から聞いた保育園を選ぶポイントについてご紹介します。
あわせて読みたい
信じてたのに…! 保育士義姉のあり得ない発言にびっくり  私の夫は3姉弟の末っ子で、一番上のお姉さんは保育士をしています。あれは娘が保育園に通い始めた頃でした。保育士だった義姉が、自身の仕事をも否定するようなあり得ないことを私に言ってきたのです!
あわせて読みたい
保育士さんのひと言に傷つけられて心がズタズタ! 託児所がトラウマに  育休明けの職場復帰で保育園や託児所を利用するときのこと。出産後初めて離れて過ごす時間に、子どもがどんな風にしているのか気になりますよね。私はできるだけ保育...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる