父の日に娘が描いた似顔絵、まさかの一言に大波乱の予感?!

 皆さんは今年、義父へ父の日のプレゼントを贈りますか? 娘が4歳の時のこと。父の日のプレゼントは、娘が描いた似顔絵にすることにしました。しかし、似顔絵の横には衝撃的な一言が! 娘が一生懸命描いた絵なので、義父には申し訳ないと思いつつも、そのままプレゼント。果たして義父の反応は…?

目次

娘と義父は相思相愛

写真AC

 夫は男4人兄弟なので、義父は私が妊娠している時から
 「孫は絶対に女の子がいい!」と懇願していました。そんな義父の願いが届いたのか、念願の初孫で女の子が誕生したのでした。娘は生まれてからずっと溺愛され、その愛情はまっすぐ娘に届き今では相思相愛です。

 娘が4歳の時、父の日のプレゼントに義父の似顔絵を描きました。お絵描きが大好きな娘は
 「よし! 描こう!」と、とても張り切っています。娘の気分が変わらないうちに画用紙と色鉛筆を用意して、お絵描きタイムのスタートです!

 出来上がっていく絵を見ていると
 「ねぇ、じいちゃん髪の毛カラフルだけど…」と、つい声をかけたくなる程の色鮮やかな髪色。
 「いいの! かわいいでしょ!」という娘。まぁいいか! と思いながら、楽しそうに描いている娘を眺めていました。絵は無事に完成! とてもファンキーな義父の誕生です。

仕上げの一言で大爆笑

 ちょうど、お手本を見ながらひらがなを書ける時期だったため
 「『じいじ』って書いて?」と娘にお願いしました。すると「じい」まで書いた時点で、画用紙の端に到達…。娘は迷うことなく「じい」の前の隙間に「じ」を書き加えました!

 そう、娘からすると「じいじ」。しかし、出来上がった作品には「じじい」と書いてあるではありませんか!
 思わず大爆笑! けれども、さすがに「じじい」は渡せないと思い、娘に別の紙に字だけもう一度書いてほしいとお願いしましたが
 「なんで? 上手よ?」と断固拒否。
 「だよね! 上手に書けてるよ!」としか返す言葉が見つからず、夫に相談すると、夫も大爆笑。
 「頑張って書いたから、そのままでいいよ!」と夫の言葉を信じて、そのままプレゼントすることになりました。

義父の反応やいかに?

提供:yuzuki

 父の日当日。いつもより少しおしゃれをして、自分で選んだかわいいリボンを巻いた義父の似顔絵を持ち、プレゼントすることを楽しみにしている娘。
 「じいじ、喜んでくれるかな?」とウキウキと待ち合わせ場所のレストランへ向かいます。

 会った途端に義父へ向かって走っていく娘。
 「じいじ! じいじの絵かいたよ! どーぞ!」ニコニコで絵を渡す娘。
 「おぉ、じいちゃん描いてくれたんか! ありがとう!」早速、絵を広げる義父…

 「じいちゃん髪カラフルやんか!」と大爆笑! その横で義母も
 「じじいって」と大爆笑! すかさず、ことの流れを説明します。すると
 「そうか、そうか! 全然いいよ! 頑張って書いてくれてありがとう」と娘に話す義父。義父のその言葉と満面の笑みに心底ほっとしました。

 娘が頑張って描いた絵を、髪がカラフルだろうと「じじい」と書いてあろうと、とても喜んでくれた義両親には本当に感謝です。

 現在、娘は9歳。今でも義実家には「じじい」への絵は大切に飾られています。

(ファンファン福岡公式ライター / yuzuki)

あわせて読みたい
父の日までハラハラドキドキ 息子のお手紙プロジェクト!  4歳と1歳の息子たちはパパが大好き! たまに怒られることもあるけれど、日頃から公園によく連れて行ってくれるパパ。何かプレゼントできないかなと上の子からの発案で「お手紙プロジェクト」が始動しますが… バレずに準備することができるのでしょうか?!
あわせて読みたい
父の日のプレゼントに一万円!? 義実家だけ優遇する旦那に激怒!  現在、0歳の男の子を育てている30代主婦です。なにかと自分の家族を贔屓(ひいき)する旦那には、以前から不満を募らせていました。そんな旦那の実家贔屓発言は、父の日のプレゼントを決めるときにも。今回は父の日をきっかけに、私たち夫婦が大喧嘩したときのお話です。
あわせて読みたい
【父の日】す、するどい! 息子の発言に私がタジタジになった話 わが家の4歳の息子が通う保育園では、各々の家庭事情に配慮してか、父の日だからといって特別に似顔絵を書いたり制作をすることはありません。私は息子に夫の似顔絵を描いてもらい、プレゼントしようと思い立ったのですが…。息子のするどい発言に、私がタジタジになる事態が発生したのです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる