誰にも見せられない… 旦那と義母への愚痴をすっきり解決する方法

 みなさんは、過去に賛否両論となった「だんなデス・ノート」を覚えていますか? 旦那に対する不満や恨みが書き込まれたサイトで、2017年には書籍化もされました。私の場合、旦那&義母へのモヤモヤは、違う方法で発散しています…。

目次

結婚して変わった? 旦那の態度にイラッ

写真AC

 結婚前の旦那は優しく、私のことを1番大事にしてくれていました。しかし結婚した途端、横暴な態度が増えていったのです。

 最初に感じた違和感は新居での生活が始まったとき。私が残業からクタクタで帰ると、すでに帰宅していた旦那がソファで寝転びながら
 「ご飯は?」と尋ねてきました。先に帰ってるなら準備くらいしておいてよ、と不満を伝えると
 「なんで?」
 そうキョトンとした表情で聞いてくる旦那。

 家事= 妻の仕事と言わんばかりの態度にイラッとしつつ、「私がした方が早いか…」と思い、結局私が作ることに。しかし、心のモヤモヤは消えませんでした。以降、そのイライラ、モヤモヤは私の中で膨れていったのです。

自己中な旦那と無神経な義母にイライラ

 不満は旦那だけではなく、義母に対しても感じていました。私は、義母の無神経でキツイ物言いがとにかく苦手で、会う前日はストレスで胃が痛くなるほど…。

 義実家で集まりがある日は、本当に最悪な気分です。料理の準備や、親戚の子どもの遊び相手で慌ただしく動く私を尻目に、横になりスマホをいじる旦那にイライラ。手土産のシュークリームを渡すと
 「近所のケーキ屋の方が美味しいのに! わかってへんなぁ」と不満を直接言ってくる義母にイライラ。挙げ出したらきりがないですが、結婚してからはこうした数多くのイライラに耐え続けてきました。

 「このまま一緒にいたら、ストレスでどうにかなりそう!」
 友人や母に愚痴を話すことで精神を保っていましたが、それも限界寸前。本気で離婚を考えた事もありました。

「だんなデス・ノート」をきっかけに

写真AC

 ある日、友人と旦那や義母の愚痴を言い合っていると「だんなデス・ノート」の話題になりました。そういえば、昔話題になったなぁと思い、ネットで検索してみることに。するとそこには、旦那に対する愚痴や罵詈雑言が山のように書き込まれていたのです。しかも、そのほとんどが過激な内容でびっくり!

 旦那に不満を持つ妻の多さに驚いたのと同時に、皆はこういう場所に愚痴を吐き出すことでストレスを発散させてるのか、と妙に納得しました。

 そして、私も普段のイライラモヤモヤを文字にしてみよう! と思い、いつでも気軽に書き出せる「スマホのメモ帳」を利用することに。すると、どんどん出てくる愚痴の山々。一つ書き出すと、あれもこれもと出てくる過去の鬱憤に、次第に笑えてきました。

文字にすることでモヤモヤが減った!

 スマホのメモ帳に鬱憤を書き出すという方法は私に合っていたようで、それ以降、旦那や義母に対してモヤモヤすることがあっても、「あとでメモ帳に吐き出そう」と思うことで不満が蓄積することはなくなったのです。

 ちなみに、最新のデス・ノートの内容は、先週私の友人が自宅に遊びに来たときに、お土産でもらったお菓子を旦那が
 「微妙…」と言ったことです(笑)

 また、起こった出来事を箇条書きにすることで、客観的に振り返ることもできました。「そこまでイライラすることでもないな…」なんて思うことも。

 イライラを文字にしてアウトプットすることで、気持ちをクールダウンすることができるのだと思います。スマホならパスワードをかけて、誰にもみられないようにできるのでオススメですよ!

(ファンファン福岡公式ライター/kinkuma@)

あわせて読みたい
【結婚式費用】「新郎にもお色直しを!」義母のせいで大モメ! 私たちは娘をつれてのファミリー婚。結婚式費用は両家の折半となっていました。想像以上に高額な式場だったので、他で費用を抑えようということに…。そんな矢先、幼い頃から息子をジャ○ーズに入れたいと思っているほど溺愛している義母が、衣装に一言物申したのです!
あわせて読みたい
結婚したら夫が仕事を辞めました! 新婚半年で訪れた離婚危機!?  私は30歳の時、8歳年上の男性と結婚。彼はサラリーマンでしたが、新居は新築マンション、家具家電もすべて新品で私は幸せいっぱい! けれど結婚して半年もたたずに、夫から衝撃発言「俺、仕事辞めるから」これは新婚半年で訪れた離婚危機の話です。
あわせて読みたい
小学校入学早々、子どもの嘘からトラブル勃発! どう対応する?  息子の小学校入学に合わせ新築した家に引っ越して間もない頃、「子どもが石を投げられ傘を壊された」と深夜にママ友が怒鳴り込んできました。散々ののしられ、弁償までしたのに… 実はすべて息子の友達がついた嘘だったのです!?

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる