「これが本当のボーナス?」息子の勘違いに和んだ夏のボーナス

 ボーナスといえば夏の楽しみ。私と夫がワクワクしながらボーナスの話をしていたせいか、わが家の息子は意味を勘違いしました。今回は、息子の平和な勘違いによって、家族みんなが笑顔になった出来事をお話しします。

目次

息子の素朴な疑問

写真AC

 6月に入り、私と夫で
 「ボーナスっていつ支給だっけ?」
 「毎年なのに日にち忘れちゃうよね~」と、話していました。隣でテレビを見ていた3歳の息子。聞き慣れない単語が気になったのか
 「ボーナスって何?」と首を傾げます。
 「頑張って働いている人がもらえるご褒美だよ」そう答えると、ふーんと納得した様子。
 「俺ももらえるかなあ?」などと微笑ましいことを言うので、笑いながら
 「もらえるといいね」と答えました。

 おそらくこのとき、息子の中でボーナスは形のある贈り物として認識されました。誕生日プレゼントやサンタさんからの贈り物のようなものです。その約2カ月後、息子は思わぬ形で「ボーナス」と遭遇することになります。

親戚宅で遭遇した「ボーナス」

写真AC

 お盆に、夫の叔父宅へ遊びに行くことになりました。隣県の叔父宅は、もともと夫の祖父母が住んでいて、祖母が亡くなったあと叔父家族が移り住みました。その年は祖母の7回忌だったため、叔父に「お線香をあげにおいで」と誘われ、お邪魔することになったのです。

 お盆期間に、夫と私と息子の3人でお邪魔します。叔父夫妻には成人済みのお子さんがいますが、幼い子どもは久しぶりだったようで、来訪を喜んでくれました。息子は、初めての場所に戸惑いつつも興味津々。家は大きな日本家屋で、土間の玄関だけでも、マンション住まいの息子には物珍しいようです。ゲームのダンジョンにいる気分だったのでしょう。

 「探検したい」と、口にします。
 「よそのおうちだからダメだよ」と止めたのですが、叔父が気を利かせ
 「じゃあ案内してあげようね」と、客間や縁側を見せてくれました。

 客間に飾られた掛け軸や、広々とした縁側。縁側から見える立派な松など、息子の目には新鮮で、瞳をキラキラさせています。最後は縁側の隅にしつらえられた盆棚に案内されました。
 「最後はここでお線香をあげようか」叔父か言います。盆棚を見つめていた息子が
 「あ!」と叫び、お供え物を指しました。

 「これ知ってる! ボーナスだ!」ボーナス? はしゃぐ息子は、宝物を見つけたかのよう。指差す先を確認すると、精霊牛がありました。棒をナスに差した精霊牛。棒とナス。まさしくボーナスです。

息子へのボーナス

写真AC

 息子にとってボーナスはご褒美のプレゼントですから、日本家屋を探検した証として精霊牛を貰えると思ったのでしょう。まるでダンジョン攻略報酬のように。
 「ママ、これ俺のボーナス?」と、嬉しそうに言いました。私は笑いをこらえながら
 「ううん、これはご先祖様が乗ってくるボーナスだよ」と答えます。
 「じゃあ俺のボーナスどこかなあ…」息子はしょんぼりと肩を落としました。

 不思議そうにしている叔父に
 「精霊牛をボーナスと勘違いしてるんですよ」と伝えます。叔父は
 「なるほどなあ、子どもは柔軟だよね」と笑っていました。息子は探検後、叔父たちにお菓子や果物をいただき、大喜び。息子にとってのボーナスは、甘いおやつだったようです。

 ちなみに盆棚には、キュウリの精霊馬もありました。叔父は息子の勘違いを面白がり
 「こっちの名前はわかる?」と尋ねると…。
 「ボーキュウリ!」息子は元気よく答え、和やかな笑いに包まれました。息子には素直なまま、たくさんの物事に触れて育って欲しいと思います。

(ファンファン福岡公式ライター/芦谷)

あわせて読みたい
ボーナスは何に使う? 4歳息子のかわいい勘違いととんでもない要求  夫とボーナスの使い道について話していたとき、息子がやってきて…。最初はかわいい勘違いだったのですが、最後にとんでもない要求をしてきました。だんだんと頭で考えて行動するようになってきた4歳。巧みな戦略にはまった私たち夫婦の結末とは?! 夫とボーナスの使い道について話していたとき、息子がやってきて…。最初はかわいい勘違いだったのですが、最後にとんでもない要求をしてきました。だんだんと頭で考えて行動するようになってきた4歳。巧みな戦略にはまった私たち夫婦の結末とは?!
あわせて読みたい
マザコン夫がボーナスで購入しようとしたものに唖然とした話 母親に対して強い執着や愛情を示す男性をmother complex略してマザコンと言いますが、夫はまさにマザコン道まっしぐら! 結婚当初に一番驚いたエピソードをご紹介したいと思います。
あわせて読みたい
ボーナスはなくて当たり前? おバカ旦那の恐ろしい常識とは? ブラック企業に長年勤めている旦那は、一度もボーナスをもらったことがありません。テレビでボーナス支給のニュースを見ていたときに「ボーナスいいなぁ」と私がつぶやきました。隣で旦那が放った言葉にあぜん… 結婚して15年も経つのに初めて聞いた衝撃の常識です。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる