密室に鳴り響く、“死者からの電話” 映画「ブラック・フォン」7月1日公開

 映画「ブラック・フォン」が7月1日(金)福岡中洲大洋、ユナイテッド・シネマ トリアス久山、シネプレックス小倉ほかで全国公開。ハリウッド気鋭のスリラー映画製作集団ブラムハウス・プロダクションズが贈る、話題のサイコ・スリラー。監督は「ドクター・ストレンジ」「エミリー・ローズ」で知られるスコット・デリクソンさん。そして主演は4度のアカデミー賞ノミネートを誇る実力派俳優、イーサン・ホークさん。本作で自身のキャリア史上“最もおぞましい役”、連続誘拐殺人犯に挑みます。

目次

ストーリー

 コロラド州デンバー北部のとある町では、子供の行方不明事件が頻発していた。気が小さく独り立ちできない少年フィニーは、ある日の学校の帰り道、マジシャンだという風船を持った男に出くわす。「マジックを見たいだろ?」の一言を発したかと思うと、フィニーは黒いバンに無理やり押し込まれ、気が付くと、地下室のような密室に閉じ込められていた。壁に囲まれたその部屋には鍵のかかった扉と鉄格子の窓、そして「断線している黒電話」があった。すると突如、断線しているはずの電話のベルが鳴り響く。フィニーは恐る恐るその受話器を取るが、それは死者からのメッセージだった。一方、行方不明のフィニーを探している妹のグウェンは兄の失踪に関する不思議な予知夢をみたというがー。

 サイコパス、スーパーナチュラル、サイキックといった、さまざまな要素が同時進行的に繰り広げられ、スリリングでサスペンスに満ちあふれた作品。怖いけど目が離せない!

映画「ブラック・フォン」

公開日:7月1日(金)全国ロードショー
監督:スコット・デリクソン
キャスト:イーサン・ホーク、メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウ
配給:東宝東和
※PG12作品
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

<上映劇場(福岡県)>
福岡中洲大洋、シネプレックス小倉、T・ジョイ久留米、TOHOシネマズ直方 ほか

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

「ファンファン福岡/サブクリップ」(福岡都市圏内配布、福岡市地下鉄駅駅設置)紙面に掲載した話題、編集部員が突撃取材した話題などを紹介します!

目次
閉じる