いま会いたい人を描いた「アジサカコウジ冬個展2020」開催

 アジサカコウジ冬個展2020「面影ロック」が12月5日(土)~27日(日)、エウレカ(福岡市中央区)で開催されます。大小さまざまな人物画の新作120点を展示します。

目次

キーワードは「大勢に流されない自由な人」

出典:エウレカ

 一昨年、去年に引き続き開催される当個展。ロックな面影の奥に、風刺とユーモアを含むアジサカコウジの新作が勢ぞろいします。 <作家メッセージ>  「こんな人がいたらいいな、会いたいな」と思うような人を描きました。「こんな人」というのは、大勢に流されぬ狷介不羈(けんかいふき)な人、つまり自由人(「ロック」な人)のことで、気がつくと若い女性の姿が多くなっていました。個展のタイトルは往年のヒット曲「星影のワルツ」をもじった言葉です。 <アジサカコウジ> 1964年長崎県生まれ。 熊本大学文学部社会学科卒業後、フランス・パリへ。 さまざまな仕事をしながら独学で絵を描き、4年後に帰国。 福岡県でイラストレーターとして活動開始。 10年後の2002年、ベルギーへ活動拠点を移すとともに、アクリル画の個展をはじめる。 以後、ベルギー・ブリュッセル、フランス・パリ、日本の各地で毎年個展を開催。 2006年に帰国し、現在は福岡県を拠点に絵画とイラストの制作に励む。

アジサカコウジ冬個展2020「面影ロック」

日時:2020年12月5日(土)~27日(日)13:00~19:00 ※月曜・火曜日は休み。 ※期間中、毎週土曜・日曜日は作家が在廊。 場所:エウレカ(福岡市中央区大手門2-9-30-201) 料金:無料 問い合わせ:エウレカ 電話番号:092-406-4555

エウレカ公式サイト

アジサカコウジ公式サイト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる