【FFGブルーグルーパーズ】ラグビーチームのこれまで、今、これから

2019年、日本中を沸かせたラグビー。実は福岡県が全国的にもラグビー名門県としても知られているのをご存じでしたか。あの五郎丸選手が福岡県出身なのは有名な話で、ラグビー好きの両親の影響で幼い頃からラグビーに触れていたんだとか。そんなラグビー愛が染みついた福岡県内には様々なチームが存在します。今回はふくおかフィナンシャルグループ(FFG)のラグビーチーム・FFGブルーグルーパーズの広報である山口さんに、チームやラグビーの魅力についてお話を伺いました!

提供:FFGブルーグルーパーズ
目次

FFGブルーグルーパーズの歴史を教えてください

提供:FFGブルーグルーパーズ

昭和62年に福岡銀行の厚生会のラグビー部として発足し、2017年には30周年を迎えました。

発足当時は福岡県社会人Dリーグからスタートして、そこから勝ち上がり、2010年にトップキュウシュウリーグのAリーグに初めて昇格をしました。

メンバーは基本的にふくおかフィナンシャルグループのなかでも福岡銀行、十八親和銀行の行員がほとんどです。主に20代〜30代の選手が現役でプレーしていますが、50代の選手も活躍しています。どの年代も切磋琢磨して活動しているチームです。

提供:FFGブルーグルーパーズ

活動内容を教えてください

水曜と木曜の終業後20時30分から、そして土曜日の午前中に古賀のグラウンドに集まって練習をしています。練習試合なども定期的に行っています。練習試合は同じく社会人のチームや大学生とすることが多く、いろいろなチームと対戦することで選手たちにもいい刺激になっていますね。

そして、今年度の活動で楽しみなのがリーグ戦です。毎年9月〜11月にリーグ戦が行われていましたが、ここ2年はコロナの影響によりリーグ自体開催されていませんでした。今年こそやっとリーグ戦が行えるのです。

一時期は試合どころか、グラウンドにも行けない時期がありましたが、その時はみんなでzoomを繋いでトレーニングをしていました。今は約3年ぶりに試合を行えているので、選手たちも楽しそうです。また、加入してから試合ができなかった1、2年目の選手が、プレーする姿も見られてよかったです。今年は試合ができるという点で、現役選手はもちろん、私たちスタッフ陣も嬉しい限りです。

提供:FFGブルーグルーパーズ
提供:FFGブルーグルーパーズ

チームテーマ「SWITCH」に込められた思いとは?

このSWITCHという目標は、前キャプテンの時に設定したものです。

仕事、部活動、プライベートのどれかに偏るのではなく、ひとつひとつに対して真摯に取り組むことを大切にするという意味が込められています。というのも、わたしたちのチームは会社の部活動ということで、やはり業務が第一にあります。ラグビーを優先するということは一切なく、だからこそ切り替えを大切にしてます。

この切り替えはプライベートにも言えますね。選手それぞれ家族もいますし、プライベートの時間もあるので「全部切り替えを大事にして、メリハリつけてやろう」という気持ちで取り組んでいます。

別の角度から言うと、気分的にリフレッシュできるという意味も含まれています。

仕事が大変な場面でも運動することで気持ちのリフレッシュができる、同期や先輩、後輩と話すことで考え方が変わるということもあります。体力的にはちょっとハードな面もありますが、精神的な部分で「切り替え」のメリットを感じています。

提供:FFGブルーグルーパーズ

チームがこれから目指すものはなんですか

もちろん新しいことにトライしていくことも大切なんですけど、創立時から先輩方がされてきた、業務とラグビーを両立することは大切にしたいですね。

業務の他にも資格取得などやるべきことがたくさんあります。そこにラグビーが加わると、時間はさらに制限されてしまいます。「ラグビーをしているからできない」ではなく、「ラグビーをやっているけどできる」というマインドを持って、選手には仕事とラグビーに取り組んで欲しいです。

実際に先輩方は会社のなかでも中心的なメンバーとなられている方ばかりで、私たちもその姿を受け継いでいきたいです。

また、ラグビーチームだけで考えると、トップキュウシュウAリーグには他にも本当にいいチームがいらっしゃいますので、そこを目標に強くて良いチームを作って行けたらいいですね。それぞれのチームが一丸となって、福岡ラグビーを盛り上げていきたいです!

ラグビーを見たことがない方に向けて、山口さんの考えるラグビーの見どころとは?

人それぞれの良さが生きるところが、ラグビーの魅力だと思います。

自分自身も小さい時からやっていましたが、正直最初は痛いしきついし嫌だったんですよ。でも今見るとさまざまな選手がいて、体の大きい選手とか、小さくても素早いプレーが出来る選手とか、他にも足が速い選手や体が強い選手もいます。選手それぞれに個性があるのが面白いと思います。普段おとなしい人も、ラグビーになったらガンガン行く姿を見ると熱くなりますね。そういうところが面白いなと思いますね。

提供:FFGブルーグルーパーズ

ファンファン福岡を読まれている方へメッセージをお願いします

FFGブルーグルーパーズのメンバーは、仕事もラグビーもプライベートも、気持ちをSWITCHして、全てに対して真面目に向き合っています。

ここ数年の間はコロナ禍で思うように練習や試合が出来ない時期もありましたが、この不遇の時間があったからこそ、改めてラグビーの楽しさを感じながらプレー出来るのだと思うところです。今年はリーグ戦が再開される予定ですので、今まで発散できずに溜めてきたラグビーへの熱い思いを、このリーグ戦にぶつけようと選手一同練習に励んでいます!

また、ラグビーは私たちだけでなく、他のチーム、そして観客がいるからこそ盛り上がるスポーツです。もしもこの記事でラグビーに興味をもっていただけたのなら、応援しているチームに関わりなく、ぜひ一度試合を見ていただきたいです。実際に見るラグビーの試合は迫力、熱量など、生で見るとより一層面白いはずです。来年はラグビーワールドカップもありますので、今のうちにルールを知っておくと、テレビ観戦がもっと楽しくなると思いますよ。

今後もラグビーに仕事にプライベートに全力で取り組んでまいりますので、FFGブルーグルーパーズを応援いただければと思います。

チームについて

チーム名:FFGブルーグルーパーズ
設立:昭和62年
所属リーグ:トップキュウシュウリーグA
部長:林 秀之
監督:倉員 光弘
主務:陶山 穣史
ホームグラウンド:福岡銀行古賀グラウンド 

ばりよかについて

「FFGブルーグルーパーズ」のホームページ制作を担当したのは、福岡の制作会社。制作費0円が売りの、その名も「ばりよかホームページ」。

 昨今SNSの発達により、インターネット上におけるお客様の獲得競争は激しさを増しています。ホームページは大きい企業やサービスが持つものだと考えられている方が多いですが、個人で事業をされる方こそ、お客様にサービスを知っていただくツールとして不可欠な時代となっています。

 手軽でハイクオリティーなホームページが持てると話題で、全国の個人事業主や中小企業から問い合わせが殺到しています。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

福岡のベンチャー企業「ラシン株式会社」が運営しています。福岡の中小企業、個人事業主さんの紹介を行なっています。

目次
閉じる