新社長による社内改革 得意先に配る【お中元】に選んだものとは?

 新社長が相手に特別なインパクトを与えようと、こだわり抜いて選んだ通販限定缶ジュース。実は、配る社員にもお相手にも不評なことを彼は知らないのです! 

目次

社内改革のスタート、合言葉はインパクト!? 

写真AC

 私が働く職場では、5年ほど前に社長が交代。その際、様々な改革が実行されました。お中元・お歳暮の習慣もそのひとつ。以前は地元の店で、得意先に宅配依頼していました。毎年お中元はゼリー詰め合わせ。お歳暮は焼菓子詰め合わせ。どちらも、手土産売り場によく並ぶ見慣れたメーカーの定番商品です。

 新社長は、紙媒体管理をデータに変更したり、あらゆる面で効率重視の方向にシフトしていきました。ところが、なぜかお中元お歳暮に関してだけは効率度外視。
 「業者配達では他社に紛れるので手渡しでインパクトを与える。また、商品もインパクトのあるものに改める」配達先はすべて30キロ圏内、距離的には持参可能。とはいえ得意先25軒を配り回るの!? 

定番商品をやめて新しいものへ、インパクトのある商品って何? 

写真AC

 お中元の季節になりました。ある朝、新社長が白黒印刷の用紙を皆に配りました。
 「今後、こちらをお中元の定番とします」それは、ある地方の小さなサイトで扱っている、通信販売限定の缶ジュース。無添加無農薬、素材本来の甘味を生かした飲料。実店舗には卸しておらず、有名通販サイトにも未掲載で、他社が配るお中元とかぶる可能性はほぼゼロ。

 そして数日後、缶ジュースの箱がどんと到着。社員に1本ずつ味見させてくれてもいいのにね。と、コソコソ皆で話しました。

お中元配達スタート、そして私は知ってしまった!

 その後、毎年社員2名でお中元お歳暮(お歳暮は地方発の練りようかん)を得意先に配り回るようになりました。ようかんは問題ありませんが、缶ジュースはかさばります。箱を紙袋に入れたままのお渡しは本来なら無作法。しかし紙袋から取り出すには重すぎて、渡される相手も、うわっ重い! と明らかに困り顔だと、配る社員たちは毎年ぼやきます。

 ある日、仕事帰りに立ち寄ったスーパーの駐車場で、偶然知人と鉢合わせました。少し立ち話をしたあと、彼女が思い出したように車の後部ドアを開け、中から缶ジュースを3本私に差し出しました。
 「これ良かったら。今日仕事で訪れた先でたくさんもらったの」

写真AC

 あら? この缶ジュース…。聞くともらった先は、ひと月前に当社がお中元を配った1軒です。たまたま今日仕事でそこを訪れたら、顔見知りの社員さんから半ば押しつけ気味に渡されたそう。
 「毎夏いただくけど味にクセがあるし、スチール製で分別も面倒。だから不評で社員の誰も持って帰らない。暑い中、スーツ姿で重い箱を運んで来られるのも応対が大変。って言ってたよ」

 その夜、ほどよく冷やした缶ジュース1本を、夫と半分ずつ試飲してみました。うん、これは健康にはいいのだろうけど、かなり好みが分かれる味だと意見が夫婦一致。特別親しい個人ならともかく、会社という団体には、やはり万人受けする味が無難ですよね。

 新社長の言うインパクト。考え方自体は間違っていないと思いますが、少なくとも得意先1軒には、良くないインパクトを与えてしまったようです。そしてあの味は、他の24軒にでも相当好みが分かれるだろうなあ。商品自体も好評ではなく、重い箱をどんと運んで来られるのも応対に困る。うーん、この事実を新社長に伝えるべきか? 自問自答して早や2年。お中元の季節が近づくたびにそっと悩んでしまう私です。

(ファンファン福岡公式ライター/山ナオミ)

ファンファン福岡
お中元は夢の箱? 毎年楽しみにしていたお中元。ある年異変が…! | ファンファン福岡  子どもの頃私は、夏になるとお中元が届くのを楽しみに待っていました。中身は何? 美味しいもの? 届くたびに大喜びで箱を開け、お菓子やジュースだった時は大騒ぎしな...
あわせて読みたい
あわせて読みたい

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる