夫の飲酒中予定日より早く陣痛がきた 病院まで命がけで妊婦が運転!

 私は陣痛の真っ最中に車を運転してしまいました。火事場のバカ力に似たようなものでしょうか。人は究極な状況になると普段はできないようなことが出来たりするものです。夫の無神経な晩酌によって引き起こされた、私の命がけドライブのお話です。危険ですから、みなさん真似をしないようにしてください。

目次

元気な妊婦

 私は結婚してから11年目にようやく妊娠し、喜びはひとしおでした。幸運なことにつわりがなく、家事をほぼ普段通りにこなす快適な妊婦生活を送っていました。また、妊娠中の体重はできるだけ増やさないようにとの医師の指導で、マタニティスイミングに週に3日通うほどの元気妊婦。もちろん、自分で愛車を運転して診察もプールへも出かけていたのでした。

 実は私、かなりの車好きで、愛車を買うときも「絶対マニュアル!」と時代に逆行したスポーツカーを選択し、ごきげんドライブを満喫しておりました。あの悲劇までは…。

突然の陣痛

写真AC

 私がすこぶる元気な妊婦であったこともあり、妊婦雑誌を読んだ夫は「初産は出産日が予定日より遅れる」と、のんきに考えていたようでした。その証拠に、出産予定日の2週間前でも夫の夕食時の晩酌は続いていたのです。私は陣痛が来たら、夫に運転してもらわないといけないので
 「予定日が近くなったらビールはやめてね」と言いつつ、まだ先だから大丈夫かなと油断していました…。

 予定日の10日前、いつものようにマタニティスイミングに向かうと、水泳前検診で看護師さんに
 「あら血圧高いわ。今日は軽く泳いで、帰ったら休んでね」と言われました。私は軽く泳ぐ程度ですませ、帰宅し夫と夕食。その深夜のことです。

 私の
 「気持ちが悪い」から始まり
 「今日トンカツ食べすぎたからじゃない?」と、眠そうな夫。ところがしばらくすると、お腹が痛くなり私は「もしかして、陣痛では?」と直感が働きました。すぐに用意してあった入院セットを出し
 「病院に行かなくちゃ」と言うと夫の
 「俺、ビール飲んじゃった」と、申し訳なさそうに一言。

 田舎でタクシーの電話もつながらず… 更に激しい腹痛で救急車を考えていると、不思議とすーっと痛みが消えたのです。
 「今なら運転できる!」と私は自分でハンドルを握り、夫を助手席に乗せて病院までの20キロを走り出しました。

命がけのドライブ

 深夜の道で、病院まですぐの道のり。ところが、運転して少しすると陣痛復活。車を脇に停めて、ギューッとやって来る激しい痛みに耐えて汗だくの私。無神経な夫の
 「大丈夫~?」の声かけに殺意を感じながらも、痛みがおさまっては運転の繰り返し。足に力が入らないので、クラッチが踏めず、自分のマニュアル車を呪いました。

写真AC

 1時間近くかけてようやく病院到着。ぜーぜー言っている私を見て、看護師さんは唖然。
 「自分で運転したの!?」
 「そうです。私が一人で運転しました。誰かがビールを飲んだばっかりに」医師も看護師さんも
 「なんて危険なこと! すぐに横になって!」と大慌てで寝かされました。夫は私の横で少ししょんぼり。5時間後、無事に元気な男の子を出産しました。
 後にこの話が出た時、夫は
 「え? そうだったっけ?」と、ぽかんとして全く記憶にない様子。私はまた怒りがふつふつと湧いたのでした。

 先日、高校2年になった息子にこの話をしたら
 「マジか。すげー!」と驚いていました。そうです、母は頑張ったのですよ。陣痛に耐えながら運転した愛車はあれから17年。来週、新車に乗り換えで、お別れすることになりました。思い出深い車と陣痛のお話です。

(ファンファン福岡公式ライター/松永つむじ)

あわせて読みたい
立ち会い出産での夫の役割とは? 予定日の1カ月も前に突然陣痛がやってきた! 出産の際に夫の立ち会いをどうするか、悩まれる妊婦さんが多いのではないかと思います。 私の場合、最初の出産では夫の立ち会いを希望しました。 でも、必ずしもすべて...
あわせて読みたい
コロナで唯一よかったこと! それは義父母抜きの立ち会い出産  女性が命懸けで挑む出産。あなたなら、誰に立ち会ってほしいですか? 夫や実母、もしくは一人で? 希望は人それぞれですが、夫の親にいてほしいという声はあまり聞...
あわせて読みたい
車の中で出産?! 早すぎるお産体験談【出産ハプニング】  4人目の出産。出産時期は39週5日でしたが、本陣痛の進み具合がとても早かった経験談です。病院から10分間隔になったらくるように言われていましたが、本陣痛に気づいたのが7分間隔。あっという間に2分間隔にまで進んでしまい…。驚きと焦りの出産劇をご紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる