<同居する義父母>がやらかした 3歳息子が救急車で運ばれる事態に

 かつて義家族と同居していた私たち夫婦。子どもが産まれてからの義父母の行いでストレスが積もりに積もり、結果逃げることに…。別居の運びとなりました。同居時代に嫌だったことを紹介していきます。

目次

赤ちゃんのそばで殺虫剤をまく

写真AC

 娘がまだ生後4カ月の赤ちゃんだった頃の話です。夏の夜、開け放した窓から入ってきた虫を見つけた義母。娘が寝ているそのすぐ横で、シューシューと殺虫剤をまきだしたのです! 私は、心の中で「ありえなくない?!」とガチギレでした。私は思っていることを正直に言えない嫁だったので、いつも我慢していたのです。

 しかし、顔には出ていたのでしょう。義父が仕方なさそうに
 「おいおい、赤ちゃんが寝ているところでそういうのはやめろよ」と諭してくれました。しかし義母は、
 「えーなんで?」と、むくれた顔で一言。何がいけないのか全くわかっていない様子でした。

 薬剤大好きなのは娘が大きくなった今でも変わらないようで…。今は別居したにも関わらず、殺虫剤やら除草剤やらを私たち夫婦の新居の庭に勝手に撒きまくっています。厚意からだとは思うのですが、とってもお節介だなと感じています。 

アレルギー持ちの息子に勝手にお菓子を…

写真AC

 3歳の息子は卵、山芋、くるみなどの食物アレルギーがある子でした。その中でも卵は、アレルギー専門医の指導のもと、自宅で減感作療法(毎日微量ずつ卵を与え、徐々に与える量を増やしていき慣れさせていく療法)を行い、苦労してアレルギーを克服したのです。

 私が毎日、薄焼き卵を○cm×○cmにカットして息子に与えたり、食品の表示項目をチェックして、アレルゲンが入っていないか確認したり、初めて与える食物についてはかなり注意して与えたりしているのを義父母も知っているはずだったのですが…。事件は起きました。

 ある日、私が目を離した隙に義父が息子にピーナッツが原材料のお菓子を与えたのです。ナッツ類は、くるみにアレルギーがあることがわかっていたので避けていたのですが、義父はお菓子の原材料まで気が回らなかったようです。

 息子はたちまち呼吸困難になり、救急車で運ばれました。ピーナッツによるアナフィラキシーショックとのことでした。病院では管だらけになり、どうなることかと思いましたが、治療の甲斐あって1日で退院することができました。義父はというと、申し訳ないという気持ちからか、息子に新幹線のおもちゃを買ってきましたが、決して謝るということはありませんでした。

 これは、いつかピーナッツを食べたら必ず起こることであったとはいえ、当時は「私がきちんと見ておけば…」とかなり悔やみました。この事件以来、「親の許可なく食べ物を与えない」という決まりになりました。

同居解消へ

写真AC

 小さなストレスも、積もっていくと莫大な不信感になります。私は耐えることができず、旦那に何度も
 「もうあの人達とは一緒に暮らせない」と訴えました。しばらく考え込んでいた旦那でしたが
 「家の前の畑を潰して、新居を建てよう」と提案してくれ、同居解消することにしました。

 しかし、同居解消した今も、義父母と私でなにか問題が起こるにつけ、私の味方ではなく、義父母の肩を持つことが多く、嫌な思いをしています。この不信感は心の奥底にずっと渦巻いています。義父母・旦那とも、絶対に老後は介護しないと誓っている私でした。

(ファンファン福岡公式ライター/hiyoko)

あわせて読みたい
【妊娠中に夫が大けが】入院したのは意外な場所だった! コロナ禍に、待望の第1子を妊娠した私。苦しいつわりが終わった頃に、夫が大怪我! タイミングがいいのか、悪いのか…。夫が入院したのは、意外な場所だったのです。
あわせて読みたい
義母の一言で嘘が判明 私に責任を押し付けるドン引き夫! 「日曜日はゆっくり休んで」そんな夫の優しい言葉に甘えて、毎週日曜日は2歳の娘を夫に任せ、ゆっくり過ごしていた私。しかし、ある時に言われた義母の言葉で夫の嘘が判明! 良いパパにみられようとした夫の行動にドン引きしたエピソードです。
あわせて読みたい
【暴走する義母】子どもの服の好みを全否定! 娘が泣き叫ぶ事態に わが家の娘は普段は義母のことが大好きです。しかしただ1つ「洋服」に関して2人の好みが全く相容れません。事あるごとに娘の服の好みを否定してきた義母。ある日、自分好みの服を着てもらいたいがために義母がとんでもない暴走をしたのです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる