【bills 福岡】博多祇園山笠「追い山」の7/15は朝6時開店!

 オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング「bills 福岡」(福岡市中央区)は、3年ぶりの開催となる博多祇園山笠祭りのクライマックス「追い山」に合わせて、2022年7月15日(金)は早朝6時から営業を開始! 山笠見物帰りに、フレッシュでヘルシーなbillsの朝食を楽しんでみては。

目次

 ブレックファーストメニューを午前6時から提供!

 「bills 福岡」は、通常午前8時30分、土日祝日8時オープンのところを、博多祇園山笠「追い山」に合わせて早朝オープンします。例年の好評を受けて今年も実施が決定! 当日朝は、billsクラシックメニューや今年の春夏メニューが並ぶブレックファーストメニューを午前6時から提供します。

(c)Petrina Tinslay

 「bills福岡」は、那珂川の上に建つガラス張りのユニークで美しい外観が印象的な店舗。大きなガラスの窓から太陽の光が差し込む明るくリラックスした空間が広がり、水辺を臨むテラス席では緑豊かな自然に囲まれた開放的な空間で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。世界中を旅する中でさまざまなインスピレーションを受けたbillsのレストランター、ビル・グレンジャーが作り出す最先端の料理を、山笠見物帰りに楽しんでみてください。

bills Classicsシェアリングコース(2,900円) (c)Koji Hanabuchi

 夏におすすめのブレックファーストメニュー4つを紹介します! 
 1つ目は「bills Classicsシェアリングコース」(2,900円)。billsの人気ブレックファーストメニュー「自家製ヴィーガングラノーラ」「フルオージーブレックファスト」「リコッタパンケーキ」の3品をシェアスタイルでカジュアルに楽しめるコースです。

ボンダイサラダボウル – キヌア、そばの実、生野菜、パンプキンシード、シトラスドレッシング(1,300円) (c)Koji Hanabuchi

 2つ目は「ボンダイサラダボウル – キヌア、そばの実、生野菜、パンプキンシード、シトラスドレッシング」(1,300円)。シドニーの「ボンダイ ・ビーチ」になぞらえた、彩り豊かで見た目にも夏らしいサラダボウル。キヌアとそばの実、パンプキンシードの穀物に、ケール、ズッキーニ、イエロービーツ、ニンジン、キュウリなどの生野菜がぜいたくに盛り付けられ、bills らしい“フレッシュさ”があふれています。

スイートコーンフリッター  – ローストトマト、ベーコン、アボカドサルサ(1,700円) (c)Koji Hanabuchi

 3つ目の「スイートコーンフリッター  – ローストトマト、ベーコン、アボカドサルサ」( 1,700円)はbillsの夏の定番メニュー。コーンやオニオン、パプリカのザクザクとした食感と香ばしいフレーバーが夏を感じるフリッター。クラシックメニューとして世界中で長年愛され続ける、シドニーの太陽が似合うbills らしい一品。サイドに添えられたアボカドサルサ、ローストトマト、肉厚のベーコンもコーンフリッターと相性抜群です。

マンゴー&パッションフルーツフラッペ(750円) (c)Koji Hanabuchi

 4つ目は「マンゴー&パッションフルーツフラッペ」(750円)。マンゴーとパッションフルーツをぜいたくに使ったフラッペ。鮮やかなビタミンカラーがシドニーの太陽を思わせる見た目に、爽やかな甘味と冷たさが夏にぴったりなフローズンドリンクです。

 

bills 福岡追い山早朝営業

日時 2022年7月15日(金) 6:00 OPEN
店舗 bills 福岡 福岡市中央区西中洲13-1 水上公園内 SHIP’S GARDEN 1階
問い合わせ TEL 092-733-2555

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる